「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」が初登場トップ…ゲームソフトランキング更新(2019/10/28-2019/11/03)

2019/11/11 05:00

このエントリーをはてなブックマークに追加
本格的な寒さを覚えるようになり、冬服を引っ張り出してきたり寝具を冬仕様に入れ替える人も多いであろう今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、アトラスの新作「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」(PlayStation 4)がついた。2016年9月に発売された「ペルソナ5」の機能追加・移植版で、PlayStation 4専用となる。プレイヤーは高校生の立場から日常生活を過ごす一方で、怪盗の立場から様々な「盗み」をしつつ敵と戦うことになる。「ペルソナ5」からは新キャラクターや新しい学期、イベントやエリアの追加、ギミックなど追加要素は盛りだくさん。初週感想は高安まちまち。追加要素分がDLCにしか見えないとの意見もある。

スポンサードリンク


第2位は任天堂の新作「ルイージマンション3」(Nintendo Switch)。臆病なルイージがホテルでお化け退治をする「ルイージマンション」シリーズの最新作。今作ではホテルのオーナーに連れ去られたマリオたちを助けるため、ルイージが新型のオバキュームを武器に様々な謎やお化けに立ち向かうことになる。今作ではルイージの形をしたスライム的な物質グーで作られたグーイージを相棒として、難しい謎を解き明かしていく。初週感想はおおむね堅調。探索の楽しさやアクションの面白さへの評価がある一方、操作系に難儀するとの声も聞かれる。

第3位は任天堂の新作「リングフィット アドベンチャー」(Nintendo Switch)。付属のリングコンとレッグハンドにJoy-Conを取り付けてプレイヤーの体に装着し、全身を動かして遊ぶという、体感型のアドベンチャーゲーム。装着した機器がプレイヤーの各部位の動きを認識し、ゲーム中のキャラクタと連動していく。ゲームで遊びながらフィットネスができるという運動ゲーム。発売3週に突入したが感想は堅調のまま。操作性のよさやゲームの楽しさ、トレーニングにもってこいの構成など、多方面で評価を集めている。

今回計測週では人気シリーズの新作が上位を占めた。次週以降どのような動きを見せるのか、気になるところだ。

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS