周りの人のたばこの煙を不快に思う人は78.4%(最新)

2019/10/12 05:25

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-1005健康志向の高まりなどを受け、喫煙者・率は漸減の傾向にある。たばこが忌避される原因の一つには、喫煙者自身だけでなくその周辺にいる人も、たばこの副流煙によって喫煙しているのと同じような状態に置かれて(間接喫煙)しまいかねないとの実情がある。それでは世間一般では周囲の人が喫煙しているたばこの煙について、どれほどの人が不快感を覚えているのだろうか。内閣府大臣官房政府広報室が2019年9月27日に発表したがん対策に関する世論調査から、その実情を確認する(【発表リリース:がん対策・たばこ対策に関する世論調査】)。

スポンサードリンク


今調査の調査要項は先行記事【がんが怖い人7割強、理由は「死に至る場合があるから」(最新)】を参考のこと。

次に示すのは回答者本人が認識する、周りの人のたばこの煙に関する不快感。世間一般がどのような考えなのかではなく、回答者がどう考えているかを答えてもらったもの。個々の意見の回答の集約のため、結果は属性全体としてどれほどの人が不快と思っているのか否かを確認できる。

↑ 周りの人のたばこの煙について不快に思うか(2019年7月)
↑ 周りの人のたばこの煙について不快に思うか(2019年7月)

全体では「不快に思う」+「どちらかといえば不快に思う」で78.4%の人が「不快に思う」派、「どちらかといえば不快に思わない」+「不快に思わない」で20.0%が「不快に思わない」派。圧倒的多数の人が、周りの人のたばこの煙を不快に思っていることになる。

男女別では圧倒的に女性の方が「不快に思う」派が多く、実に86.4%に達している。強い不快感を示す「不快に思う」だけでも68.5%で7割近く、男性の「不快に思う」派とさほど変わらない値なのが特徴的。それだけ女性のたばこの煙に対する忌避感が強いのだろう。

年齢階層別ではさほど大きな違いは出ていないが、「不快に思う」派は30-40代でやや少なめ、18-29歳と50-60代でやや高めに出ている。双方とも健康に留意する人が多いからなのだろうか。

この副流煙への忌避感の度合いは、例えば回答者自身が喫煙をしているか否か、家族に子供がいるか否かで大きな違いが出るものと思われる。しかしながら今回の調査ではそれらのような属性に区分した上での値は公開されていない。特に喫煙者・非喫煙者間の副流煙への認識の違いは興味深い結果が出るであろうことから、残念ではある。


■関連記事:
【米喫煙者は非喫煙者ほど「間接喫煙」のことを気にしない】
【室内でタバコを吸う時お父さん どの場所一番 利用しますか?】
【30センチ? 3メートル? 「たばこの煙」とその害はどこまで届く? 】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS