増税の足音…株式市場雑感(19/08/05-19/08/09週)(週終値:2万0593円35銭)

2019/08/09 19:00

このエントリーをはてなブックマークに追加
■19/08/05:日経平均終値2万1616円80銭/92.4
本日の東京株式市場は大幅安の展開。米中貿易摩擦激化の懸念が強まり、また前週末の欧米市場の安値や進む円高を受け、売り材料一色の中での相場展開となった。出来高は14億7447万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-1.74%、TOPIXは-1.80%、マザーズ指数は-2.36%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-1.24%となる。

スポンサードリンク


■19/08/06:日経平均終値2万1709円31銭/84.0
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。半導体関連銘柄を中心に買い戻しの動きが底上げの力となった。出来高は11億4041万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.95%、TOPIXは+0.80%、マザーズ指数は+0.28%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は+0.36%となる。


■19/08/07:日経平均終値2万0516円56銭/81.3
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。円高を背景に売りの強い相場観となった。出来高は12億8307万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.33%、TOPIXは+0.05%、マザーズ指数は+0.06%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は+0.29%となる。


■19/08/08:日経平均終値2万0593円35銭/81.9
本日の東京株式市場はもみ合いの後、いくぶん高値での値動き。中国人民銀行による対ドル人民元の取引基準値を7.0039元/ドルとした設定が、米中貿易摩擦・為替操作国指定問題の懸念後退に寄与する形となり、買い基調の相場展開となった。出来高は11億8706万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.37%、TOPIXは-0.08%、マザーズ指数は+0.41%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は+0.10%となる。


■19/08/09:日経平均終値2万0593円35銭/79.5
本日の東京株式市場は続伸。世界同時経済後退の懸念が後退、前日の米国市場も高値で推移したのを受け、寄り付きから買われた。人民元の安定水準設定も買い材料になった。もっとも連休前ということもあり、買いは限定的なものとなった。出来高は11億8564万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.44%、TOPIXは+0.35%、マザーズ指数は-0.49%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は-0.01%となる。

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー