緊張深まる海外情勢…株式市場雑感(19/06/17-19/06/21週)(週終値:2万1258円64銭)(最新)

2019/06/21 19:00

このエントリーをはてなブックマークに追加
■19/06/17:日経平均終値2万1124円00銭/98.7
本日の東京株式市場はほぼもみ合いの展開。寄り付きは中国の景気減退への懸念を背景に売りが先行したが、その後は買い支えやアジア市場の上昇を受け買い進まれた。しかし特段の材料があるわけでもなく、値動きは小幅なものに留まった。出来高は9億3471万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.03%、TOPIXは-0.45%、マザーズ指数は-0.47%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまちやや安値銘柄多し。前営業日比は-0.32%となる。

スポンサードリンク


■19/06/18:日経平均終値2万0972円71銭/94.0
本日の東京株式市場はもみ合いから下落の流れ。寄り付きはもみ合いで展開したものの、円高ドル安が進んだことで売りが強くなり、安値圏での値動きとなった。出来高は10億2384万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.72%、TOPIXは-0.72%、マザーズ指数は-2.02%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は-1.34%となる。


■19/06/19:日経平均終値2万1333円87銭/98.0
本日の東京株式市場は大幅高の展開。欧州中央銀行の金融緩和追加可能性の高まりや、米中通商問題への解消の糸口が見えてきたこと、前日の米国市場の堅調さを受け、寄り付きから買い進まれた。もっとも状況の進展を見極めようとの流れもあり、買いが一巡した後は高値のままでヨコヨコな形となった。出来高は11億6763万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.72%、TOPIXは+1.74%、マザーズ指数は+0.70%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+1.92%となる。


■19/06/20:日経平均終値2万1462円86銭/101.4
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。前日の米国市場の堅調さを受け、買い基調での展開となった。アジア市場の好調さも後押しする形に。日銀の金融政策決定会合では特段変わった話は無かったことで、影響は見られなかった。出来高は10億1796万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.60%、TOPIXは+0.30%、マザーズ指数は+1.27%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.78%となる。


■19/06/21:日経平均終値2万1258円64銭/93.2
本日の東京株式市場は前場もみ合い、後場大幅安の展開。前日の米国市場は大幅高となったが、為替の円高化と米国の対イラン制裁にかかわる報道を受けて売り基調の展開に転じた。出来高は15億3666万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.95%、TOPIXは-0.90%、マザーズ指数は-1.88%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-1.56%となる。

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS