子供達における家庭用ゲーム機の専用・共用実情をグラフ化してみる(最新)

2020/06/12 05:17

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-0602先行記事【デスクトップパソコンは2/3が保護者と共有…使ってるネット機器、自分専用か保護者と共有か(最新)】において、内閣府が2020年4月20日付で報告書を発表した【令和元年度青少年のインターネット利用環境実態調査結果】の内容をもとに、パソコンやスマートフォンなどにおける、小中高校生のインターネット利用時の利用機器の専用・共用実情を確認した。今回はそれと同じスタイルで家庭用ゲーム機の利用実情を見ていくことにする。子供達がインターネット利用端末として使っている携帯ゲーム機や据置型ゲーム機は、果たして子供専用のものなのだろうか、それとも保護者との共用のものなのだろうか。

スポンサードリンク


今調査に関する調査要項は先行記事の【小中高校生のネット利用端末はスマホが一番、次いで携帯ゲーム機(最新)】を参照のこと。

次に示すのはインターネット利用機器として使っている携帯ゲーム機における専用・共用実情。例えば総数では自分専用の値が63.5%と出ているので、小中高校生で携帯ゲーム機を使ってインターネットを利用している人のうち63.5%は、その携帯ゲーム機を自分専用のものとしていることになる。なおインターネットを利用せずに家庭用ゲーム機を使うケースもあるため、この値がそのまま家庭用ゲーム機全体としての、専用・共用実情を示すわけではないことに注意が必要となる。

↑ インターネット利用機器の専用・共用状態(携帯ゲーム機、該当機器でインターネット利用者限定)(2019年)
↑ インターネット利用機器の専用・共用状態(携帯ゲーム機、該当機器でインターネット利用者限定)(2019年)

総数では63.5%が自分専用、8.4%が保護者と共用、26.2%が兄弟姉妹と共用。保護者は遊ぶつもりは無いが、兄弟姉妹がいる場合は1人1台ずつ持たせる場合もあれば、共用で1台を与える場合も多々あるという次第。

男女別ではおおよそ男子の方が自分専用の割合は高く、女子はその分兄弟姉妹との共用割合が高いものとなる。他の調査結果などで女子は家庭用ゲーム機にはあまり注力しないとの結果も出ていることから、共用とはいえ、男子の兄弟が主な持ち主で、女子は遊びたい時に貸してもらうような状況なのだろうか。また学校種類別では上になるに連れて自分専用の割合が高いものとなっていく。自分の小遣いから購入する場合も多くなってくるからかもしれない。

続いて据置型ゲーム機。

↑ インターネット利用機器の専用・共用状態(据置型ゲーム機、該当機器でインターネット利用者限定)(2019年)
↑ インターネット利用機器の専用・共用状態(据置型ゲーム機、該当機器でインターネット利用者限定)(2019年)

携帯ゲーム機と比べて保護者や兄弟姉妹と共用の割合が高い。これは据置型ゲーム機の特徴として機動力が低く事実上固定された状態での利用となることから、家族全体の共用物としての購入・利用の場合が多々ある結果と考えられる。もっともそのような場合、インターネットを利用したプライベートなやり取りは難しいものとなるだろう。

男女別では明確な形で男子の方が、学校種類別では上になるに連れて、自分専用の割合が高くなる。特に女子の場合、保護者との共用の値が男子と比べて明確に高い。携帯ゲーム機と比べて高度な利用ができることから、保護者の心配もひとしおなのだろうか。あるいは専用で購入する、買ってもらうほどにはゲームに関心が無いからなのかもしれない。


■関連記事:
【小中高校生のゲーム事情。一日何時間遊んでいるか(最新)】
【携帯ゲーム機の保有実情をグラフ化してみる(最新)】
【据置型と携帯型、子供達のゲーム機の利用実情をグラフ化してみる(2017年)(最新)】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS