「多くの人は夜中に出歩くと危険な地域に住んでいる」の認識は属性によって異なる

2019/06/06 05:18

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-0526自国が経済的、生活環境や治安面で安定しているか否かを推し量る指標の一つとして、夜中に出歩くと危険か否かという問題がある。治安が悪く経済的にも困難であれば、夜間は犯罪に遭遇する可能性が飛躍的に高くなる。そのような夜間の出歩きが危険な地域が多ければ、国そのものが国民の望む形をしていないという認識をしてもあながち間違ってはいない。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2019年4月29日に発表した、民主主義諸国における民主主義の浸透度合い、国民の認識に関する調査結果【Many Across the Globe Are Dissatisfied With How Democracy Is Working】から、属性別における「多くの人は夜中に出歩くと危険な地域に住んでいる」の認識の実情を確認していく。

スポンサードリンク


今調査の調査様式は先行記事【「自国の民主主義の実情に満足している」全体では45%】を参照のこと。

先行記事にもある通り、「多くの人は夜中に出歩くと危険な地域に住んでいる」の認識を持つ人の割合は、調査対象国全体の中央値としては35%。少数派に留まっている。ただし国によって大きな差異があるのも事実。

↑ 自国における実情(多くの人は夜中に出歩くと危険な地域に住んでいる)(2018年春)(再録)
↑ 自国における実情(多くの人は夜中に出歩くと危険な地域に住んでいる)(2018年春)(再録)

この回答に関して、属性別に見るといくつかの違いが見えてくることが報告書で報告されている。まずは世帯年収別について、有意な差異が出た国を挙げたのが次のグラフ。

↑ 自国の実情(多くの人は夜中に出歩くと危険な地域に住んでいる、世帯年収別)(2018年春)
↑ 自国の実情(多くの人は夜中に出歩くと危険な地域に住んでいる、世帯年収別)(2018年春)

きれいな形で新興国では高収入の方が「多くの人は夜中に出歩くと危険な地域に住んでいる」との認識率は高く、先進国では低くなる。報告書ではこの傾向について具体的な解説は無い。恐らくは、全体としては新興国では危険な地域は実際に多く、先進国では少ないという前提があり、新興国では低年収層は危険ではあってもそれが普通のものであるとの認識に留まってしまっているのだろう。ところが高年収層では治安の悪さが目に留まるようになってしまう。

一方先進国では高年収層はそれなりに治安のよい場所に住んでいることから、国全体としても治安の悪さはそれほどのものでは無いとの認識を示すが、低年収層は自分の周囲で治安の悪さを覚えてしまうので、国全体としても同様のものと考える人が多いことから、高い回答率が示される、というところだろうか。要は、自分の周辺と日頃の習慣・常識が国全体のものと同じように考えてしまう次第ではある。

続いて男女別。列挙される国が少ないのは、男女別で有意な差が出た国が少なかったため。

↑ 自国の実情(多くの人は夜中に出歩くと危険な地域に住んでいる、男女別)(2018年春)
↑ 自国の実情(多くの人は夜中に出歩くと危険な地域に住んでいる、男女別)(2018年春)

有意差が出たすべての国で女性の方が高い値を示している。こちらも報告書では特段解説は無いが、男性よりも女性の方が夜中の出歩きにリスクを覚える人が多いということなのだろう。有意差が出た国では特に女性にとって安全面での不安を覚える治安状態であり、それを女性自身が認識しているとの読み方もできるのだが。


■関連記事:
【トランプ大統領の誕生で米国は政治的に二分された? いいえ昔からです】
【若者の政治への関心度、日本は他国と比べて高い? 低い!?】
【米大統領選挙直前時点で「マスメディアはクリントン氏にえこひいきをしている」と認識していた人は52%】
【「自国内の民主主義体制を維持していくのには何が必要か」米国の人達に聞いてみました】
【日本の民主主義の実情に満足している人は40%、そうで無い人は56%】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー