多くの国では若年層ほど「多くの人が自身の生活水準を向上させる機会を持つ」と考えている

2019/06/04 05:19

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-0526民主主義国家では経済上の自由や機会において、ある程度の平等が認められており、スタートの時点では不利なポジションにあっても、本人の選択や能力、努力により、相応の生活水準を得ることができるようになっている。その実情を、それぞれの国の国民はどれほどまでに実感しているのか。その詳細をアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2019年4月29日に発表した、民主主義諸国における民主主義の浸透度合い、国民の認識に関する調査結果【Many Across the Globe Are Dissatisfied With How Democracy Is Working】から確認していく。

スポンサードリンク


今調査の調査様式は先行記事【「自国の民主主義の実情に満足している」全体では45%】を参照のこと。

今調査の先行記事でも解説しているが、自国における実情として、多くの人が自身の生活水準を向上させる機会を持つと考えている人は、調査対象国全体の中央値としては57%に留まっている。あくまでも回答者自身の認識だが、国ごとの実情、特に経済の安定度と比べ見ると、納得がいく回答値を示している。

↑ 自国における実情(多くの人が自身の生活水準を向上させる機会を持つ)(2018年春)
↑ 自国における実情(多くの人が自身の生活水準を向上させる機会を持つ)(2018年春)

生活水準に関しては年齢階層別の格差がよく取りざたされる。高齢化に伴い社会の仕組みが人口構成比率上の観点で高齢者に寄り添うようになり、経年による蓄財の効果も大きくなることから、若年層がこれまで以上に割りを食う形になっているのでは、というものだ。次に示すのは「多くの人が自身の生活水準を向上させる機会を持つ」の設問について、年齢階層別に回答値を区分した際に、有意な差異が出た国を抽出したもの。例えば日本の姿が確認できないのは、年齢階層別で有意な差が生じていないことを意味する。

↑ 多くの人が自身の生活水準を向上させる機会を持つ(年齢階層別)(2018年春)
↑ 多くの人が自身の生活水準を向上させる機会を持つ(年齢階層別)(2018年春)

多くの国では若年層(18-29歳)ほど高い値を示している。つまり若年層ほど「頑張れば今の生活水準を向上させることができる可能性が高い」と考えている。蓄財の機会もまだ少ない若年層でも、今後に向けてよりよい生活を営めるかもしれないとの希望を多くの人が抱いているのは、経済の躍進や国の活力の観点では欠かせない考えに違いない。

他方、アメリカ合衆国と韓国、チュニジアの3か国では逆に、おおよそ年が上になるに連れて回答率が上がっている。つまり若年層では自国では努力や選択による生活向上を期待することは難しい、機会平等は無いと考えている人が多いことになる。それでもまだアメリカ合衆国は若年層でも69%が回答しているが、韓国では33%に留まっている(中年層(30-49歳)でも32%)。同国の経済の実情だけでなく、将来に向けた考え方の実情が透けて見えてくるような結果ではある。


■関連記事:
【経済で心配・不安を抱く人、日本は世界で3番目の多さに】
【「将来不安だよ」具体的に何が不安?】
【歳を経るほど「日本は成長しなくてもいいヤ」「縮小もアリだね」と思う人が増える現実】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー