米中関係悪化で大荒れ…株式市場雑感(19/05/07-19/05/10週)(週終値:2万1344円92銭)

2019/05/10 19:00

このエントリーをはてなブックマークに追加
■19/05/07:日経平均終値2万1923円72銭/94.1
本日の東京株式市場は大幅安の展開。米国の対中関税引き上げ表明で米中摩擦の激化を懸念し、売りが殺到する形となった。出来高は15億6494万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-1.51%、TOPIXは-1.12%、マザーズ指数は+0.96%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は-0.50%となる。

スポンサードリンク


■19/05/08:日経平均終値2万1602円59銭/82.4
本日の東京株式市場は大幅安の展開。米中貿易摩擦激化を懸念する形で、寄り付きから大きく売り込まれた。円高ドル安も圧力となり、底値での展開。出来高は14億9623万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-1.46%、TOPIXは-1.72%、マザーズ指数は-1.36%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-1.34%となる。


■19/05/09:日経平均終値2万1402円13銭/79.0
本日の東京株式市場は大幅安の展開。米中貿易摩擦激化懸念は続き、売りが先行する形となった。為替の円高化も売りを後押しする形になった。出来高は16億8963万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.99%、TOPIXは-1.38%、マザーズ指数は-2.78%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.39%となる。


■19/05/10:日経平均終値2万1344円92銭/84.4
本日の東京株式市場は前場高値、後場安値での展開。前場はマイナスの材料出尽くし感もあり安値拾いの動きがあったが、後場に入ると米国の追加関税の実発動に合わせて先物や投機筋による売りが出て、相場観を冷やす形となった。出来高は17億4057万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.27%、TOPIXは-0.08%、マザーズ指数は-0.35%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は+0.02%となる。

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー