年度末だが相場もドタバタ…株式市場雑感(19/03/25-19/03/29週)(週終値:2万1205円81銭)

2019/03/29 19:00

このエントリーをはてなブックマークに追加
■19/03/25:日経平均終値2万0977円11銭/101.4
本日の東京株式市場は大幅安の展開。欧州の経済指標の悪化をきっかけにした景況感への不安感の高まり、さらにアメリカ合衆国での長期金利の低下で各国市場は大幅安となり、これを受けて寄り付きから大きく売り込まれる形となった。円高ドル安の進行もさらに拍車をかける形となった。出来高は13億2784万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-3.01%、TOPIXは-2.45%、マザーズ指数は-1.46%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄のみ。前営業日比は-9.01%となる。

スポンサードリンク


■19/03/26:日経平均終値2万1566円85銭/102.0
本日の東京株式市場は大幅高の展開。先日の下落からの自律反発的な動きに加え、3月期末の権利付き最終売買日であったことからの配当取り的な動きもあり、大きく買いこまれる形となった。出来高は17億4104万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+2.15%、TOPIXは+2.57%、マザーズ指数は+1.57%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.50%となる。


■19/03/27:日経平均終値2万1378円73銭/99.9
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。前日の米国市場は堅調だったが、配当落ちの下落があり、やや安値での展開に終始した。配当落ち分を考慮すると実質的には高値圏での展開だったことから、相場展開は実情としてポジティブだったとの解釈もできる。出来高は13億1128万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.23%、TOPIXは-0.52%、マザーズ指数は+2.16%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.90%となる。


■19/03/28:日経平均終値2万1033円76銭/92.4
本日の東京株式市場は大幅安の展開。前日の米国市場が安値を付けたのに加え、トルコ政府のリラ売り防止策を受け信用不安再燃によるリスク回避の動きが強まり、寄り付きから大きく売られた。為替も円高に進んだことで売り圧力を強いものとした。出来高は12億2478万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-1.61%、TOPIXは-1.66%、マザーズ指数は-0.57%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-1.39%となる。


■19/03/29:日経平均終値2万1205円81銭/93.6
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。米中貿易協議の進展期待を受け前日の米国市場やアジア市場が堅調さを見せ、それを受ける形で寄り付きから買い進まれた。出来高は11億7475万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.82%、TOPIXは+0.56%、マザーズ指数は+0.02%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.64%となる。

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー