回転寿司を利用した時にいくら払うか(最新)

2020/04/03 05:07

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-0402回転寿司の長所の一つとして挙げられるのは、自分で食べるネタだけでなく量を調整でき、支払い料金をある程度コントロールできる点。皿の色によって料金に違いが生じる店もあるが、おおよそ取った皿数で自分の食べた分の料金を概算できる。それでは実際に、回転寿司を利用した時にはどれぐらいの金額を支払っているのだろうか。自分自身はともかく他人の事情は知りにくい、回転寿司利用時の支払額について、マルハニチロが2020年3月30日に発表した回転寿司に関する消費者実態調査から、その実情を探ることにする(【発表リリース:回転寿司に関する消費者実態調査2020】)。

スポンサードリンク


今調査に関する調査要項は先行する記事【利用者3/4強、そのうち月一以上は3割後半…回転寿司の利用実態(最新)】を参照のこと。

次に示すのは回転寿司を利用している時に1人あたりいくらぐらい払うことが多いかを尋ねた結果。男女ともに1000円台がボリュームゾーンとなっている。

↑ 回転寿司利用時に1人あたりいくらぐらい支払うことが多いか(数値入力形式、月一以上で回転寿司店を利用する人限定、男女別)(2020年)
↑ 回転寿司利用時に1人あたりいくらぐらい支払うことが多いか(数値入力形式、月一以上で回転寿司店を利用する人限定、男女別)(2020年)

もっとも、1000円未満では男性は7.7%のみである一方、女性は19.7%。2000円台以降の全区分で男性の方が女性よりも値が高く、男性の方が支払額が高い≒たくさん食べていることがうかがえる。平均額は全体で1514円だが、男性では1711円、女性は1317円。394円の差が生じている。

他方、5000円以上は男性で2.3%、女性でも0.3%いるのが目に留まる。今件は支払い最高額ではなく、普段の支払額を尋ねているのに加え、家族などで一緒に行った場合でも1人あたりの金額を聞いていることから、よほどの大食漢であることが見て取れる。正直なところ、1回あたり1人5000円以上の量は想像が難しい。

この支払額について、地域別で見たのが次のグラフ。

↑ 回転寿司利用時に1人あたりいくらぐらい支払うことが多いか(数値入力形式、月一以上で回転寿司店を利用する人限定、平均、地域別、円)(2020年)
↑ 回転寿司利用時に1人あたりいくらぐらい支払うことが多いか(数値入力形式、月一以上で回転寿司店を利用する人限定、平均、地域別、円)(2020年)

東海が低く、北海道と関東や四国が高め。「西高東低」のような地域的傾向は見出しがたい。他方、地域別の平均利用皿数(寿司限定)を見ると、利用枚数が多い四国の金額が高くなるのは道理が通る。他方、北陸は皿数が多いものの支払金額は少なめ。安めのネタが人気なのだろうか。

↑ 回転寿司店で寿司を何皿食べることが多いか(数値入力形式、月一以上で回転寿司店を利用する人限定、平均、地域別、皿)(2020年)(再録)
↑ 回転寿司店で寿司を何皿食べることが多いか(数値入力形式、月一以上で回転寿司店を利用する人限定、平均、地域別、皿)(2020年)(再録)

北海道は皿数は平均とさほど変わりないが(全体数プラス0.4皿)、支払額は地域別でトップとなっている。北海道の回転寿司利用者は高めの皿をよく選択する傾向があるのか、あるいは相場そのものが高めとなっているのかもしれない。


■関連記事:
【回転寿司 家族と一緒に8割強】
【回転寿司店選択の重要点は「美味いこと」、情報源は「周囲の紹介や口コミ」】
【おなじみの音楽が頭に響き渡る、回転寿司を使った広告】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS