不安の足音…株式市場雑感(19/03/04-19/03/08週)(週終値:2万1025円56銭)

2019/03/08 19:00

このエントリーをはてなブックマークに追加
■19/03/04:日経平均終値2万1822円04銭/111.3
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。米中通商協議への期待感が高まり、前週の米国市場が堅調な動きを示したのに加え、円安が進んでいることを背景に寄り付きから買い進まれた。出来高は11億2781万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.02%、TOPIXは+0.73%、マザーズ指数は+0.99%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+1.11%となる。

スポンサードリンク


■19/03/05:日経平均終値2万1726円28銭/112.2
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。前日の米国市場の軟調さを受け、寄り付きから利益確定売りの売り圧力が続いた。期末を目の前にしたポジション整理的な売りの感もある。出来高は11億0642万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.37%、TOPIXは-0.44%、マザーズ指数は+0.62%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は+0.08%となる。


■19/03/06:日経平均終値2万1449円39銭/108.8
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。大きな材料出尽くし感が強く、利益確定売りの流れが継続する形となった。出来高は10億1677万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.60%、TOPIXは-0.25%、マザーズ指数は+0.27%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は-0.59%となる。


■19/03/07:日経平均終値2万1449円39銭/**.*
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。前日の米国市場の安値を嫌気する形で、寄り付きから大きく売り込まれた。値嵩株の売りが目立つ展開で、アジア市場の安値も足を引っ張った。出来高は12億5443万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.65%、TOPIXは-0.84%、マザーズ指数は-1.88%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-1.56%となる。


■19/03/08:日経平均終値2万1025円56銭/110.6
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。前日の米国市場の安値や、ECBによるユーロ圏の経済成長見通しの下方修正を受けたマインド低下で寄り付きから大きく売られた。また中国の貿易統計で悪い値が出たことも足を引っ張る形となった。出来高は16億7283万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-2.01%、TOPIXは-1.82%、マザーズ指数は-3.08%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-1.12%となる。

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー