アメリカ合衆国では「トランプ大統領の話がしばしば話題に上る」人は25%(最新)

2019/02/18 04:31

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-0206対立する民主党の支持層やリベラルのイデオロギーを持つ人からは、まるで悪魔の象徴であるかのごとく忌み嫌われている感の強いアメリカ合衆国のトランプ大統領だが、実際に人々の日常生活の間ではどれほどまでに会話に上っているのだろうか。その実情について、アメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年11月5日に発表した調査結果【More Now Say It’s ‘Stressful’ to Discuss Politics With People They Disagree With】の結果から確認していく。

スポンサードリンク


今調査に関する調査要綱は先行記事【政治的に対立する意見を持つ人との政治的会話で感じることは、そのアメリカ合衆国事情(最新)】を参考のこと。

次に示すのは普段の会話、対面や電話越し、さらにはインターネット経由で、トランプ大統領そのものやその政策に関して、どれほどの頻度で話題に上るかを尋ねたもの。話題の具体的内容や方向性(肯定か否定か)などは一切問われておらず、単に話題に上るか否かのみで尋ねている。また2016年時の回答は2016年6月7日-7月5日に実施された調査の結果で、当然トランプ氏はまだ大統領に就任していないため、大統領に立候補しているトランプ氏そのものやその政策についての質問となっている。

↑ 普段トランプ大統領やその政策について対面や電話越し、オンラインでどれほど話題に上りますか(アメリカ合衆国、「しばしば」「時々」「あまり多くない」「まったく上らない」のうち「しばしば」の回答率)
↑ 普段トランプ大統領やその政策について対面や電話越し、オンラインでどれほど話題に上りますか(アメリカ合衆国、「しばしば」「時々」「あまり多くない」「まったく上らない」のうち「しばしば」の回答率)

2016年の質問時はまだ共和党全国大会実施前で、トランプ氏は共和党の大統領候補としては決定していない。にもかかわらず25%の人がしばしば話題に上ると回答している。そしてその頻度は直近の2018年においても変わらない。報告書によれば直近分でぱ「しばしば」が25%で「時々」は37%、「あまり多くない」と「まったく上らない」は合わせても38%に留まっているとのこと。

トランプ大統領が所属する共和党の支持者の間では、全体では回答率は4%ポイント減ってしまったが、主流の保守的なイデオロギーを持つ人の間では5%ポイント増加している。他方傍流となる中道あるいはリベラル的な人の間では7%ポイントも減っている。

他方、相対する民主党支持者の間では2016年と比べて主流のリベラル的な人の間でも、傍流の保守や中道な人の間でも、回答率は増加している。特にリベラル的な人の間では5%ポイントも増加し、選挙前よりも一層注目を集めていることが分かる。

ただし話題の内容に関しては報告書では一切伝えていない。元々リベラル的思考が強く大統領選挙時には多分に民主党の支持を表明した、アメリカ合衆国の報道機関による報道内容から察するに、少なくとも民主党支持者の間では愚痴的なものも含めた、ネガティブな方向性の内容が多そうではあるのだが。


■関連記事:
【米国に広がる政治的対立は政治的思惑、そして民主党対共和党の対立】
【支持政党別で大きく異なる「大統領権限の強化」への是非】
【支持政党別で大きく異なる米国のロボットやコンピューターへの仕事代替に対する姿勢】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー