アメリカ合衆国の民主党支持者のうちリベラルな人は政治的な対立相手との会話で63%がストレスを感じている(最新)

2019/02/17 05:03

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-0206主張が異なる相手との会話は有意義な見識を得たり新しい発見を覚える機会となることもあれば、別次元の世界の人との会話のようにストレスを感じてしまうこともある。対立が生じることが多い政治面での会話は特に反発的な感情が生じやすい。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年11月5日に発表した調査結果【More Now Say It’s ‘Stressful’ to Discuss Politics With People They Disagree With】を基に、同国内の政治的思惑の違いやイデオロギーによる対立構造の実情を、会話をした時の心境から確認していくことにする。

スポンサードリンク


今調査に関する調査要綱は先行記事【政治的に対立する意見を持つ人との政治的会話で感じることは、そのアメリカ合衆国事情(最新)】を参考のこと。その先行記事にある通り、アメリカ合衆国内では現状において民主党支持者の方が共和党支持者よりも、政治面で同意できない意見を持つ人との間における政治的な会話において、ストレスを感じる人が多い。

↑ 政治面で同意できない意見を持つ人との間で政治的な会話をした時に通常抱く感情(アメリカ合衆国、支持政党別)(再録)
↑ 政治面で同意できない意見を持つ人との間で政治的な会話をした時に通常抱く感情(アメリカ合衆国、支持政党別)(再録)

この状況について、それぞれの政党支持者における、イデオロギー別に詳細を確認したのが次のグラフ。元々共和党支持者は保守的方向性が強いため「保守」「中道・リベラル」で、民主党支持者はリベラル的方向性の強さから「保守・中道」「リベラル」で区分している。それぞれの政党支持者にとって、どちらかといえば中道が含まれている方が傍流派と見ればよいだろう。

↑ 政治面で同意できない意見を持つ人との間で政治的な会話をした時に通常抱く感情(アメリカ合衆国、支持政党別・イデオロギー別)(2018年10月)
↑ 政治面で同意できない意見を持つ人との間で政治的な会話をした時に通常抱く感情(アメリカ合衆国、支持政党別・イデオロギー別)(2018年10月)

共和党支持者内では主流の保守的イデオロギーを持つ人は53%がストレスを感じているが、中道・リベラルな人は44%に留まっている。「政治面で同意できない意見」は多分に民主党支持者が該当するが、その人達の主流はリベラル的イデオロギーであることが多いため、ストレスを感じる機会がやや減るのだろう。しかし真っ向からの対立となる保守的な人でもストレスを感じる人は53%。

一方で民主党支持者では傍流派となる保守・中道ですらストレスを感じる人は51%と半数を超え、主流のリベラル的イデオロギーを持つ人では実に63%の人がストレスを感じるとしている。

同じ支持政党の間でも、イデオロギーの違いによって政治面で同意できない意見を持つ人との間における反応には差が生じるものの、民主党支持者ではイデオロギーで近い対象となりうる相手との間でも反発は強く、ましてやイデオロギーに違いがあれば非常に強いストレスを感じるようではある。


■関連記事:
【米国に広がる政治的対立は政治的思惑、そして民主党対共和党の対立】
【支持政党別で大きく異なる「大統領権限の強化」への是非】
【支持政党別で大きく異なる米国のロボットやコンピューターへの仕事代替に対する姿勢】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS