政治的に対立する意見を持つ人との政治的会話で感じることは、そのアメリカ合衆国事情(最新)

2019/02/16 05:19

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-0206他人との意見のやり取りは情報交換や新しい考え方を知ることができるなどの有意義な成果を得られることもあれば、価値観や視点の違いなどからストレスを感じさせる結果に終わることもある。主義などで対立する要素が多い政治関連の話では、対立構造が明確化している場合が多く、異なる考え方を持つ人同士の間の会話では、ストレスを覚えてしまうことも少なくない。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年11月5日に発表した調査結果【More Now Say It’s ‘Stressful’ to Discuss Politics With People They Disagree With】を基に、同国内の政治的思惑の違いによる対立構造の実情を、会話をした時の心境から確認していくことにする。

スポンサードリンク


今調査は2018年9月24日から10月7日にかけてアメリカ合衆国内に住む18歳以上の人に対してインターネット経由で実施されたもので、有効回答数は10683件。回答者は居住地に基づいたランダムな選別が行われ該当者には手紙で確認を取り、インターネット環境が無い人には電話で確認を取り了承があった場合はインターネットへのアクセスができるようにタブレット型端末が送付されている。

次に示すのはアメリカ合衆国の二大政党である民主党と共和党の支持者それぞれに対し、自分と異なる政治面での思惑(多分に民主党支持か共和党支持に区分されよう)を持つ人と政治的な会話をした際に、通常どのような感情を抱くか、「ストレス・イライラ」「興味深さ・有益さ」いずれかで選んでもらった結果。どちらか一方のみでしかないのは考えにくいが、通常はどちらの感情をより多く抱くことになるのかで選択してもらっている。なおトランプ現大統領は共和党、オバマ前大統領は民主党の所属。トランプ氏は2017年1月から大統領に就任している。

↑ 政治面で同意できない意見を持つ人との間で政治的な会話をした時に通常抱く感情(アメリカ合衆国、支持政党別)
↑ 政治面で同意できない意見を持つ人との間で政治的な会話をした時に通常抱く感情(アメリカ合衆国、支持政党別)

直近の2018年10月の時点ではストレスを感じる人が53%、興味深さを覚える人は45%。ネガティブな感情を抱く人の方が多い。同様の質問を行った2016年3月時点(オバマ前大統領の治世時代)と比べるとストレスを感じる人が増え、回答率の大小が逆転してしまっている。

これを支持政党別に見ると、共和党支持者は前政権下でも現政権下でも、政治面で同意できない人との間での政治的会話でストレスを覚える割合はほとんど変化が無い一方、民主党支持者は現政権下でストレスを覚える人が12%ポイントも増える形となり、ストレス派が興味深さを覚える派を上回ってしまっている。

要は、共和党支持者は自分の支持する政党の大統領の下でも支持しない政党の大統領の下でも、政治面で同意できない相手との間の政治的な会話で感じるストレスにはさほど違いは無いが、民主党支持者は自分の支持する政党の大統領下ではストレスを感じる人は少なく、支持しない政党の大統領下では多くの人がストレスを感じていることになる。

オバマ前大統領以前の大統領治世下での調査結果が無いため断言は早急な感はあるものの、共和党支持者よりも民主党支持者の方が、政治面での考えについて頑なさを持っているように見える。少なくとも現状では民主党支持者は共和党支持者よりも政治的対立をしている人との政治的な意見交換において、あまり愉快な思いをしていない、頑なな姿勢を示しているようではある。


■関連記事:
【米国に広がる政治的対立は政治的思惑、そして民主党対共和党の対立】
【支持政党別で大きく異なる「大統領権限の強化」への是非】
【支持政党別で大きく異なる米国のロボットやコンピューターへの仕事代替に対する姿勢】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS