スマートフォンを持っているか、自宅にブロードバンド環境があるか、アメリカ合衆国のインターネット整備状況をグラフ化してみる(最新)

2019/02/16 05:18

2019-0205インターネットへのアクセスツールは個人ベースの場合、主に自宅にあるパソコン経由と手元に持つスマートフォン経由の二通りが想定される。双方とも自由に使えればベストだが、色々な事情で自宅にブロードバンド環境が無い人、スマートフォンを持っていない人もいる。スマートフォンの利便性を受け、自宅のブロードバンド環境の代わりにスマートフォンを使うケースもある。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年4月30日に発表した調査結果報告書【Declining Majority of Online Adults Say the Internet Has Been Good for Society】から、同国のインターネット整備状況を確認していくことにする。

スポンサードリンク


今調査の調査要綱は先行記事【インターネットは社会全体や自分自身にどのような影響を及ぼしているか、アメリカ合衆国の人達の考えをグラフ化してみる(最新)】を参照のこと。

次に示すのは回答者のインターネットの整備状況について、当てはまる選択肢を選んでもらった結果。全体では65%の人がスマートフォンを持ち、自宅にブロードバンド環境があるとしている。

↑ インターネット整備状況(アメリカ合衆国)(2018年)
↑ インターネット整備状況(アメリカ合衆国)(2018年)

スマートフォンはあるが自宅にブロードバンド環境は無い人は20%。スマートフォンも自宅のブロード環境も無い人は15%。回答者の年齢階層別に見ると、年齢が上になるほどスマートフォンもブロードバンド環境も無い人が増えていく実情が確認できる。他方、スマートフォンと自宅のブロード環境の双方がある人は18-29歳より30-49歳の方がむしろ高い割合を示しているのは、パソコンを整備する資力の問題のある無しに加え、スマートフォンのみで用事を充足できるために、パソコンを必要としない人が若年層にいることも考えられる。

人種別では白人の整備率(スマートフォンと自宅ブロードバンド環境の双方がある人か、少なくともスマートフォンがある人の割合。青系統色の部分)は高く、黒人、ヒスパニックは低い。人種による直接の違いでは無く、人種別の経済上の違いが反映されているものと考えられる。学歴も高学歴の方が整備率は高いが、知識欲や仕事の上での必要性に加え、世帯年収と多分な連動性があるからと見るのが妥当だろう。

そして世帯年収別では高年収の方が整備率は高い割合。7.5万ドル以上の世帯では87%がスマートフォンと自宅ブロードバンド環境の双方があるが、3万ドル未満では45%とほぼ半分の割合でしかない。居住地域別の違いも少なからず世帯年収に連動したものだろうが、それとは別に地方では、ブロードバンド環境そのものが整備されていない、あるいはコストが割高になる問題も影響しているのだろう。

インターネットは今や日常生活に欠かせない存在である以上、ブロードバンドでのアクセスが容易にできる環境が自宅にあること、そしてスマートフォンが利用できる状況が整備されていることは、呼吸をしたり水を飲むぐらいに欠かせないものとなっている。その必要不可欠な存在が、恐らくは多分に、経済状態によってアクセスができない人がいる実情は、小さからぬ問題に違いない。自ら望んでその状態にあるのなら話は別だが。


■関連記事:
【アメリカにおける貧富の差で生じるデジタルデバイドをグラフ化してみる】
【アメリカの子供達の携帯電話所有率や使い方をグラフ化してみる】
【ダイヤルアップからブロードバンドへ…米世帯内インターネットのブロードバンド化推移をグラフ化してみる】

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー