内外ともに大きく揺れる…株式市場雑感(18/12/03-18/12/07週)(週終値:2万1678円68銭)

2018/12/07 19:00

■18/12/03:日経平均終値2万2574円76銭/123.4
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。先週末の米中首脳会談で米中貿易摩擦の激化懸念が遠のいたことを好感する形で寄り付きから大きく買い進まれた。出来高は13億4078万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.00%、TOPIXは+1.30%、マザーズ指数は+2.04%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.17%となる。

スポンサードリンク


■18/12/04:日経平均終値2万2036円05銭/118.3
本日の東京株式市場は大幅安の展開。ここ数日の高騰感からの警戒か、寄り付きから売り込まれ、次第に下げ幅を拡大。円高の拡大とともに一段安の展開となった。出来高は15億5187万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-2.39%、TOPIXは-2.36%、マザーズ指数は-1.48%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-1.46%となる。


■18/12/05:日経平均終値2万1919円33銭/107.3
本日の東京株式市場は下値圏での値動き。前日の米国市場が景況感の悪化懸念を受け大きく下げたのを背景に、さらに円高の動きも重しとなり、大きく売り込まれた。出来高は14億6316万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.53%、TOPIXは-0.53%、マザーズ指数は-0.47%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は+0.72%となる。


■18/12/06:日経平均終値2万1501円62銭/96.1
本日の東京株式市場は大幅安の展開。中国の通信機器大手のCFOが米国の要請によりカナダで逮捕されたことが明らかになり、これが米中貿易摩擦の激化の引き金になるのではとの懸念から、寄り付きから売り込まれた。出来高は15億1021万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-1.91%、TOPIXは-1.82%、マザーズ指数は-3.07%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-4.17%となる。


■18/12/07:日経平均終値2万1678円68銭/96.7
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。前日の米国市場は下げたものの下げ渋りの動きがあったことに加え、ここ数日の下落の反動の動きもあり、寄り付きから買い戻しの動きがあった。終始買い基調は続き、堅調な相場展開が引けまで続いた。出来高は13億7189万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.82%、TOPIXは+0.61%、マザーズ指数は-0.03%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+1.64%となる。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー