大いに揺れる相場観…株式市場雑感(18/10/29-18/11/02週)(週終値:2万2243円66銭)

2018/11/02 19:00

■18/10/29:日経平均終値2万1149円80銭/70.9
本日の東京株式市場は高値圏での値動きだったが引けにかけて下落して安値圏で終わる展開。前営業日の米国市場は安値だったがその動きは前週末までで織り込み済みとの認識から、寄り付きから買い進まれた。しかし中国市場の軟調さから頭を押さえられる形となり、引けにかけて売り圧力が強まり、安値で場を終える形となった。出来高は13億7332万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.16%、TOPIXは-0.40%、マザーズ指数は-4.06%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.43%となる。

スポンサードリンク


■18/10/30:日経平均終値2万2010円78銭/72.3
本日の東京株式市場は安値寄り付き次第高。続落しての寄り付きだが、その後は推測や噂話の類だがポジティブな話が相次ぎ、買い基調を後押しした。底入れ期待による買いもあるようだ。出来高は22億0790万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.45%、TOPIXは+1.38%、マザーズ指数は+3.83%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+2.49%となる。


■18/10/31:日経平均終値2万1920円46銭/71.5
本日の東京株式市場は大場高の展開。前日の米国市場の高値感、為替の円安化、好決算の企業が相次いだことなどの買い材料が集まり、大きく買われることになった。もっとも月末のいわゆるドレッシング買いが入ったとの観測もある。出来高は18億1191万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+2.16%、TOPIXは+2.15%、マザーズ指数は+4.31%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。1銘柄暴落し、前営業日比は-0.46%となる。


■18/11/01:日経平均終値2万1687円65銭/70.7
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。前日の米国市場は高値を示したものの、為替の円高化やここ数日の過熱感への警戒、携帯電話企業の料金値下げへの業績懸念などを受けて売られる形となった。出来高は17億8249万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-1.06%、TOPIXは-0.85%、マザーズ指数は-0.88%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.80%となる。


■18/11/02:日経平均終値2万2243円66銭/77.5
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。米中貿易戦争の懸念が後退したことで前日の米国市場は大きな値上がりを示し、これを受けて東京株式市場も寄り付きから大きく買い進まれた。後場に入ると懸念にかかわる続報が入り一段高となる。出来高は18億1812万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+2.56%、TOPIXは+1.64%、マザーズ指数は+3.49%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+2.78%となる。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー