中国懸念強し…株式市場雑感(18/10/22-18/10/26週)(週終値:2万1184円60銭)

2018/10/26 19:00

■18/10/22:日経平均終値2万2614円82銭/105.3
本日の東京株式市場は前場安値、後場に高値への動き。前週末の米国市場の安値を受けて前場は大きく売られたものの、後場に入ると中国の上海総合指数が高値を付けたことを背景に買われ、プラスに転じる形となった。出来高は11億3506万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-1.87%、TOPIXは-1.59%、マザーズ指数は-1.73%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は-0.73%となる。

スポンサードリンク


■18/10/23:日経平均終値2万2010円78銭/95.1
本日の東京株式市場は大幅安の展開。前日の米国市場の安値を受け、寄り付きから大きく売り込まれた。元々主要企業の中間決算の発表を前に買い控えが起きていたこともあり、投資意欲はさらに悪化している。海外情勢の不安定化も売り材料となっている。出来高は14億0528万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-2.67%、TOPIXは-2.63%、マザーズ指数は-1.59%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-2.69%となる。


■18/10/24:日経平均終値2万2091円18銭/93.2
本日の東京株式市場はやや高値での値動き。前日の米国市場が大幅下落したものの、戻しを見せての場展開だったこともあり、ここ数日の下げに対する自律反発的な流れとなった。中国の上海総合指数が上昇したことで、後場に入って一段高の流れに。出来高は14億1753万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.37%、TOPIXは+0.08%、マザーズ指数は-0.46%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.45%となる。


■18/10/25:日経平均終値2万1268円73銭/81.1
本日の東京株式市場は大幅安の展開。前日の米国市場の安値を嫌気され、寄り付きから大きく売り込まれ、その状態が引けまで続いた。半ばパニック売り的な状態の感はある。出来高は16億4130万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-3.72%、TOPIXは-3.10%、マザーズ指数は-6.38%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的にはほぼ全面安。前営業日比は-3.57%となる。


■18/10/26:日経平均終値2万1184円60銭/73.6
本日の東京株式市場は前場高値圏、後場に入って安値圏での値動き。米中貿易摩擦の影響で企業業績の悪化を懸念し、買い控えが生じた流れとなっている。両国の市場動向への警戒感もマイナス材料。出来高は16億9900万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.40%、TOPIXは-0.31%、マザーズ指数は-2.97%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的にはほぼ全面安。前営業日比は-0.87%となる。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー