海外波乱で日本もゆさぶられる…株式市場雑感(18/10/15-18/10/19週)(週終値:2万2532円08銭)

2018/10/19 19:00

■18/10/15:日経平均終値2万3469円39銭/91.8
本日の東京株式市場は大幅安の展開。日米貿易協議における為替条項要求問題などを背景に、円高と併せ大きく売られる形となった。ドイツの情勢不安定化やサウジアラビアでの緊張の高まりも、売り材料の積み重ねとなった。出来高は14億0017万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-1.87%、TOPIXは-1.59%、マザーズ指数は-1.73%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には全面安。前営業日比は-0.66%となる。

スポンサードリンク


■18/10/16:日経平均終値2万2549円24銭/96.3
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。サウジアラビア情勢を受け円高が進んだことから売り圧力が懸念されたが、先日の急落からの自律反発や円高の一服感的な流れを好感し買い進まれた。出来高は12億6021万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.25%、TOPIXは+0.74%、マザーズ指数は+0.14%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.53%となる。


■18/10/17:日経平均終値2万2590円86銭/107.5
本日の東京株式市場は大幅高の展開。前日の米国市場が堅調だったことに加え、為替が円安に振れたことを好感し、寄り付きから大きく買い進まれた。その後も高値を維持したままで場を終える。出来高は12億9068万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.23%、TOPIXは+1.54%、マザーズ指数は+2.11%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は+0.99%となる。


■18/10/18:日経平均終値2万2658円16銭/103.4
本日の東京株式市場はおおよそ安値圏での値動き。前日の米国市場の下落や、上海総合指数の下落を受け、さらに人民元の対ドル下落で為替への警戒も強まり、売り圧力は大きく強まることになった。出来高は12億2855万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.80%、TOPIXは-0.54%、マザーズ指数は-0.50%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.55%となる。


■18/10/19:日経平均終値2万2532円08銭/98.2
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。前日の米国市場の下落や、米国長期金利の上昇継続との観測を受け、さらに円高が進んだことを背景に大きく売られた。ただ、上海市場の反発からやや戻しを見せる形となった。出来高は12億8165万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.56%、TOPIXは-0.69%、マザーズ指数は-0.70%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.91%となる。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー