米中・米土経済対立激化…株式市場雑感(18/08/13-18/08/17週)(週終値:2万2270円38銭)

2018/08/17 19:00

このエントリーをはてなブックマークに追加
■18/08/13:日経平均終値2万1857円43銭/99.4
本日の東京株式市場は大幅安の展開。トルコの通貨リラの暴落から同国の経済の不安定化が懸念され、リスク回避の動きが強まり、一斉に売り込まれた。出来高は15億2364万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-1.98%、TOPIXは-2.13%、マザーズ指数は-4.13%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-1.58%となる。

スポンサードリンク


■18/08/14:日経平均終値2万2356円08銭/100.5
本日の東京株式市場は大幅高の展開。前日までの急落の原因だったトルコリラ安が一服したことや、それに伴う円安化を背景に寄り付きから大きく買われ、後場に入って一段高となった。出来高は12億0624万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+2.28%、TOPIXは+1.69%、マザーズ指数は+1.30%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+1.66%となる。


■18/08/15:日経平均終値2万2204円22銭/96.4
本日の東京株式市場は高値寄り付きの後に次第安の展開。中国市場などの下落を受けて売り込まれることになった。さらに後場に入るとトルコリラ安懸念が再燃し、一段安の展開。出来高は12億4476万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.68%、TOPIXは-0.76%、マザーズ指数は-2.04%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は+0.42%となる。


■18/08/16:日経平均終値2万2192円04銭/95.6
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。中国の景気減退懸念から売り込まれ、その後米中協議の報があったことで値下がり幅は縮小した。出来高は15億4677万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.05%、TOPIXは-0.64%、マザーズ指数は-1.33%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.42%となる。


■18/08/17:日経平均終値2万2270円38銭/97.9
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。前日の米国市場の高値を受けて買われたものの、米中通商協議に関する買い基調のエネルギーはほぼ消化していたため、上げ幅は限定的となった。出来高は11億1629万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.35%、TOPIXは+0.62%、マザーズ指数は+1.73%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.59%となる。

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー