「太鼓の達人」のスイッチ版がトップ君臨…ゲームソフトランキング更新(2018/07/16-2018/07/22)

2018/07/30 04:00

あまりにもの暑さに酷暑や豪暑なる言葉が脳内を駆け巡る今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、バンダイナムコエンターテインメントの新作、「太鼓の達人 Nintendo Switchば-じょん!」(Nintendo Switch)がついた。演奏に合わせて太鼓を叩くリズミカルアクションゲームの代表作「太鼓の達人」のNintendo Switchで、今作ではJoy-Conをバチに見立てて振る「フリフリ演奏」がポイントとなっている。また、多人数プレイも可能で、最大4人までの同時プレイが可能。初週感想は少々微妙。プレイ感覚の難儀性や、ダウンロードの遅さなど、品質面での苦言が多々見受けられる。収録曲の難易度が低く、やりがいがないとの意見もある。

スポンサードリンク


第2位にはスクウェア・エニックスの新作「オクトパストラベラー」(Nintendo Switch)が。スクエニの新規RPGで、3DCGと昔ながらのドット絵、そして独創的な演出が融合した「HD-2D」と呼んでいるビジュアルによる幻想的な世界の描写が特徴。ゲームシステムも馴染みやすいコマンドバトルをベースとしながらも、新しい仕組みを実装し、分かりやすく新鮮味のあるものとなっている。発売から第2週目に突入したが、感想はおおむね堅調。現代の需要にマッチした王道RPGとしての評価が高い。

第3位は任天堂の「スプラトゥーン2」(Nintendo Switch)。多人数同時参加によるプレーも可能なアクションペイントゲーム「スプラトゥーン」の続編で、シンプルなルールながらも多様な遊び方が楽しめる。今作では協力プレイの「サーモンラン」、一人でじっくりとプレイする「ヒーローモード」なども実装されている。発売は昨年の7月だが、いまだに上位陣に位置するあたり、底力を覚えさせる。単週で2万本強のセールスを計上する健闘ぶり。累計販売本数はすでに240万本を超えている。

第4位は任天堂の新作「進め!キノピオ隊長」(Nintendo Switch)。Wii Uで発売されていた「進め!キノピオ隊長」のアップグレード版的なポジションの作品。プレイヤーはキノピオ隊長の立場から、奪われたパワースターを取り戻すため、火山やお化け屋敷、遺跡などさまざまな箱庭コースを冒険する旅に出る。コース全体を色々な角度から眺められるため、キノピオ隊長のアクションの豊富さと併せ、立体パズル的な解き方を楽しめる。発売から第2週目に突入したが、感想はこちらもおおむね堅調。シンプルながらもゲームとしての面白みが凝縮されているとの意見が多い。

今回計測週は知名度もあり、「太鼓の達人」がトップについたが、プレイヤーのリアクションは今一つ。次週もトップに君臨し続けることはできるだろうか。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー