酷暑だが相場はだれず…株式市場雑感(18/07/23-18/07/27週)(週終値:2万2712円75銭)

2018/07/27 19:00

■18/07/23:日経平均終値2万2396円99銭/84.0
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。トランプ大統領による対中関税強化示唆とドル高けん制発言により、円高が進み大いに売り込まれる形となった。出来高は13億9961万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-1.33%、TOPIXは-0.36%、マザーズ指数は-0.77%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.81%となる。

スポンサードリンク


■18/07/24:日経平均終値2万2510円48銭/90.5
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。為替の円高化に歯止めがかかったことを材料に買い戻しが入り、中国による景気刺激策の期待がさらに後押しする形となった。出来高は12億4650万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.51%、TOPIXは+0.47%、マザーズ指数は+1.73%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。1銘柄が暴落し前営業日比は-1.18%となる。


■18/07/25:日経平均終値2万2614円25銭/98.5
本日の東京株式市場は大よそ高値圏での値動き。前日の米国市場の堅調さを受けて買い進まれた。その後円高の動きを受けてやや押し戻されたが、再び買われる形となった。出来高は11億3815万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.46%、TOPIXは+0.38%、マザーズ指数は+0.55%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+1.66%となる。


■18/07/26:日経平均終値2万2586円87銭/101.9
本日の東京株式市場は大よそ安値圏での値動き。米国とEU間との折衝の結果、貿易摩擦が激化するとの懸念が後退し、同国市場が堅調な値の動きを示したのを受け、海外勢を中心に買いが入った。日経平均株価はマイナスで低迷したが、TOPIXは堅調。出来高は12億5281万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.12%、TOPIXは+0.70%、マザーズ指数は-0.64%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-4.37%となる。


■18/07/27:日経平均終値2万2712円75銭/107.6
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。前日の米国市場の堅調さや為替が円安に動いたことを背景に買い進まれた。中国市場の軟調さを受けて失速する場面もあったが、後場に入ると日銀の指値オペ通知をトリガーとして買いが強まる形となった。出来高は13億8133万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.56%、TOPIXは+0.57%、マザーズ指数は+0.12%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+1.06%となる。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー