大雨と大国間貿易摩擦激化と…株式市場雑感(18/07/02-18/07/06週)(週終値:2万1788円14銭)

2018/07/06 19:00

■18/07/02:日経平均終値2万1811円93銭/81.0
本日の東京株式市場は前場やや安値もみ合い、後場に入って大幅安。日銀短観で大企業・製造業の景況感が2四半期連続して悪化したことを嫌気する形でやや売られ、後場に入るとメキシコ大統領選挙の結果として新興左派の野党候補者の当選確実が伝えられると米国先物市場などが売られ、これに連動する形で大きく売り込まれた。出来高は13億7285万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-2.21%、TOPIXは-2.06%、マザーズ指数は-3.15%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は-1.62%となる。

スポンサードリンク


■18/07/03:日経平均終値2万1785円54銭/80.8
本日の東京株式市場は前場もみ合い、後場になって失速。押し目買いで前場は買い進まれたものの、中国の株安などを受けて売り優勢となり、後場はマイナスでの展開となった。出来高は14億8426万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.12%、TOPIXは-0.15%、マザーズ指数は-1.11%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.22%となる。


■18/07/04:日経平均終値2万1717円04銭/85.3
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。前日の米国市場でハイテク関連銘柄が下落した流れを受け、ハイテク系が売られた。出来高は13億1123万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.31%、TOPIXは+0.03%、マザーズ指数は-0.88%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は+0.14%となる。


■18/07/05:日経平均終値2万1546円99銭/78.5
本日の東京株式市場は前場もみ合い、後場に下落の流れ。前場は特に材料も無くやや低めの低空飛行的な値動きを示していたが、後場に入ると上海総合指数の下落につられる形で売りが入るようになった。中国の経済縮退懸念に過敏となっているようた。出来高は13億9609万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.78%、TOPIXは-1.01%、マザーズ指数は-3.74%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.68%となる。


■18/07/06:日経平均終値2万1788円14銭/82.0
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。前日の米国市場の堅調さ、今週全般的な軟調さからの反発で買い基調となり、後場に入ると米中間の制裁関税合戦的な動きがあったものの材料出尽くしとの見方が強まったことから、強いままで引けた。出来高は13億9356万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.12%、TOPIXは+0.92%、マザーズ指数は+2.90%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+7.30%となる。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー