「Fate/EXTELLA LINK」が上位独占…ゲームソフトランキング更新(2018/06/04-2018/06/10)

2018/06/18 04:00

梅雨のじめじめ感にうっとおしさを覚える今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、マーベラスの新作「Fate/EXTELLA LINK」(PS4)がついた。「Fate」シリーズをテーマとしたゲーム「Fate/EXTRA」シリーズの最新作で、「Fate」シリーズのサーヴァントが作品の枠を越えて参戦するアクションゲーム。内容としてはいわゆる「無双」系ゲームだが、「Fate」ならではの設定を随所に活かしている。また前作「Fate/EXTELLA」のセーブデータがあると特典を入手可能。初週感想は高安まちまちやや高値多し。少なくとも前作よりは良くなっているとの声多し。また同名タイトルのPS Vita版が第2位についている。

スポンサードリンク


第3位は任天堂の新作「スプラトゥーン2」(Nintendo Switch)。多人数同時参加によるプレーも可能なアクションペイントゲーム「スプラトゥーン」の続編で、シンプルなルールながらも多様な遊び方が楽しめる。今作では協力プレイの「サーモンラン」、一人でじっくりとプレイする「ヒーローモード」なども実装されている。発売は昨年の7月だが、いまだに上位陣に居るあたり、底力を覚えさせる。単週で1万本強のセールスを計上する健闘ぶり。累計販売本数はすでに230万本を超えている。

第4位はフロムソフトウェアの新作「DARK SOULS REMASTERED」(PS4)。タイトルからも分かる通り、「DARK SOULS」シリーズの初代作品をリマスター化したもので、画質をフルHD化し、60fpsに対応。さらにオンラインマルチプレイの機能も拡張し、ダウンロードコンテンツとして提供されていた「ARTORIAS OF THE ABYSS」も収録している。リマスター版とはいえ仕様そのものもいくつか変更が行われている。発売から3週目に突入したが、プレイした人の感想は高安まちまち。自由度の高さによる評価は相変わらず。

今回計測週では「Fate/EXTELLA LINK」の圧倒的な強さが目立つ。やはり原作のパワーは強烈に違いなく。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー