国際情勢も市場も波乱に富んだ一週間…株式市場雑感(18/06/11-18/06/15週)(週終値:2万2851円75銭)

2018/06/15 19:00

■18/06/11:日経平均終値2万2804円04銭/96.7
本日の東京株式市場は次第高の流れ。寄り付きはやや安値で始まったものの、円安を背景に少しずつ買われていきじわりと上昇。後場に入ると天井感を覚え、やや失速の流れ。もっとも取引そのものは低調で、出来高も少なめ。その出来高は11億3204万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.48%、TOPIXは+0.30%、マザーズ指数は+0.26%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.56%となる。

スポンサードリンク


■18/06/12:日経平均終値2万2878円35銭/94.9
本日の東京株式市場はやや高値圏での値動きだが荒い動き。米朝首脳会談の真っただ中で多様な思惑や断片的に流れてくる情報で市場は右往左往した形となった。出来高は12億3809万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.33%、TOPIXは+0.33%、マザーズ指数は+1.47%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.01%となる。


■18/06/13:日経平均終値2万2966円38銭/99.0
本日の東京株式市場はやや高値圏での値動き。為替の円安化を背景に買われた。しかし材料としては弱く、ここ数日の上げ基調からの利益確定売りに押される形で天井感が強い。出来高は11億9857万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.38%、TOPIXは+0.35%、マザーズ指数は+0.48%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は-0.08%となる。


■18/06/14:日経平均終値2万2738円61銭/95.9
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。前日の米国市場が金利引き上げを受けて軟調だったのと、為替がやや円高に振れたのが嫌気された。先物の売りも市場の雰囲気を冷やす形となった。出来高は14億9745万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.99%、TOPIXは-0.92%、マザーズ指数は-0.64%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-1.17%となる。


■18/06/15:日経平均終値2万2851円75銭/91.8
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。前日の米国市場はいまいちだったが欧州市場が堅調だったことに加え為替が円安の動きを示したことを好感し、買われる形となった。日銀の金融政策決定会合の結果は現状維持だったが、想定通りの内容で市場に影響はほとんど与えていない。出来高は16億8394万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.50%、TOPIXは+0.23%、マザーズ指数は+0.43%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+1.18%となる。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー