たまごを選ぶ時の基準は「賞味期限まで余裕」「10個入りパック」が5割超え(最新)

2018/05/17 04:55

2018-0511多くの人にとって日々の食生活には欠かせない存在の食材、たまご。比較的安価に、容易に調達ができ、さまざまな料理に活用することができる。その身近な存在のたまごは、どのような水準で選択され、手に取られているのだろうか。JC総研が2018年4月25日に発表した、畜産品などの消費性向に関する調査結果の概要から確認する(【発表リリース:農畜産物の消費行動に関する調査結果】)。

スポンサードリンク


今調査の調査要綱は先行記事の【お米、パン、めん類…主食をどれだけ食べている?(最新)】を参照のこと。

先行記事にある通り、今調査対象母集団ではたまごを毎日食材として利用している人は約1/4、週に半分以上の人も合わせると5割を超える。たまごをほとんど食材として使わない人は数%でしかない。

↑ 家庭における食材の摂取頻度(たまご)(再録)
↑ 家庭における食材の摂取頻度(たまご)(再録)

それではそのたまごは、どのような基準で選ばれ、購入されているのだろうか。複数回答で尋ねた結果が次のグラフ。

↑ たまご購入時の商品選びの基準(複数回答、上位陣)(2017年度)
↑ たまご購入時の商品選びの基準(複数回答、上位陣)(2017年度)

トップは「賞味期限まで余裕(がある)」で52.3%。たまごはよほどの高額な品質のもので無い限り、大抵は数個をまとめたパックで購入するため、購入日からしばらくは冷蔵庫の中に入れて保存しておくことになる。生ものということもあり、賞味期限が切れたたまごを食べるのはリスクが高く、極力避けたいところで、そうなった場合は食べずに廃棄するしかない。賞味期限に余裕が無いと、せっかく購入したたまごのいくつかを無駄にしてしまいかねないし、それを防ぐために食卓にはたまご料理ばかりが並ぶことになってしまう。

第2位はトップとほぼ同じ51.8%で「10個入りパック」。たまごの販売スタイルは多様だが、4個入り、6個入り、10個入りなどがメジャー。料理でのたまごの利用頻度や、家族構成人数で需要は違ってくるが、夫婦世帯ならば10個入りパックがちょうどよい数なのだろう。一人暮らしではややきついところもあるが。

第3位は「特売やタイムサービス品」で44.3%。たまごは身近な食材で多くの人の需要が期待できることもあり、スーパーやデパートなどではしばしば客寄せ用の特売品として用いられる。その機会を狙って購入する人も少なくなあるまい。賞味期限の問題から、まとめ買いがしにくいのは弱点ではあるが、それが逆にお店側には利点となるのも事実ではある。

栄養面でのこだわりや、殻の色、産地などに関する特徴を基準としている人は案外少ない。「地元または近県産」が2割近くいるぐらい。長持ちして適切な数が一度に手に入り、満足できる安さならばそれで構わないという人が多分のようだ。

それではそのたまごの価格は、購入時の基準としてはいくらぐらいなのだろうか。公開値を基に概算平均を算出した結果が次のグラフ。

↑ たまご購入時の基準価格(10個換算、概算平均、円)(2017年度)
↑ たまご購入時の基準価格(10個換算、概算平均、円)(2017年度)

全体平均では175円、既婚では男女で差異はほとんど無いが、単身世帯では女性の方が高いたまごを選ぶ傾向がある。年齢階層別ではきれいに年上になるほど高い価格のたまごを選んでいる。上記の「たまご購入時の商品選びの基準」で年齢階層別の値が非公開なので確証は取れないが、高齢層ほど強いこだわりを持ち、高品質のたまごを求めるのだろう。また、消費量が少なくなるために少数単位での購入となり、結果として単価が上昇してしまうのかもしれない。


■関連記事:
【一番人気はたまご焼き…お弁当のおかずに良く入れるものは?】
【甘いのとダシ、どちらが好き? 男女で異なるたまご焼きの味付けの好き嫌い】
【卵料理で一番人気のたまご焼き、その味つけでもっとも使われる調味料は?】

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー