「実況パワフルプロ野球2018」がトップに…ゲームソフトランキング更新(2018/04/23-2018/04/29)

2018/05/07 04:00

ゴールデンウィークも明けて祝祭日の無い日々を過ごさねばならないと考えると気が重い今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、コナミデジタルエンタテインメントの最新作「実況パワフルプロ野球2018」(PS4)がついた。SDスタイルで表現されたキャラクタを用いるプロ野球ゲームシリーズ「実況パワフルプロ野球」の最新作で、各種データはプロ野球の団体からの公認を受けている。RPG感覚でキャラクタを育てるサクセスモードでは高校野球が舞台となり、複数のシナリオを楽しむことができる。また、過去のサクセスモードに登場したキャラクターから成るチームと戦いトーナメントを勝ち進み、勝つとそのチームのキャラクタを仲間にできるパワフェスモードも実装されている。初週感想は高安まちまちやや低評価多し。ゲームバランスの調整に難があるとの意見が多い。なお第2位には同名タイトルのPlayStationVita版が入っている。

スポンサードリンク


第3位にはソニー・インタラクティブエンタテインメントの新作「ゴッド・オブ・ウォー」(PS4)が。伝説のスパルタ兵クレイトスに成り代わり、息子のアトレウスとともに北欧神話の世界で激しい戦いに立ち向かうことになる。プレイヤーのバトルスタイルでキャラクタの成長が変わっていくのがポイント。発売から第2週に入って感想はおおむね堅調に。賛否のうち賛の意見が増えている。

第4位は任天堂の新作「Nintendo Labo(ニンテンドー ラボ) Toy-Con 01:Variety Kit」(Nintendo Switch)。色々な形に組み合わせた段ボールとNintendo Switchを合体させて、オリジナルのコントローラーを作って遊ぶキット。作例としてはカーレースゲームのコントローラー、ピアノ、釣り竿などが用意されている。評価はおおむね堅調。単なるゲームを超えた「楽しさ」の体験が堪能できるようだ。

今回計測週では「実況パワフルプロ野球2018」がぶっちぎり。ただし両ハード版ともプレイヤーの感想が今一つなところがあるため、次週以降の動向が気になるところではある。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー