世界はゆれる、市場もゆれる…株式市場雑感(18/03/26-18/03/30週)(週終値:2万1454円30銭)

2018/03/30 19:00

■18/03/26:日経平均終値2万0766円10銭/93.1
本日の東京株式市場は安値から高値への切り替えし。前営業日の米国市場の大幅安を受けて寄り付きからしばらくは売り基調となったが、米中の通商交渉開始との報を受けて買い戻しの動きが入り、後場に入ると日経平均株価はプラスに転じた。出来高は15億7728万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.72%、TOPIXは+0.38%、マザーズ指数は-0.46%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.55%となる。

スポンサードリンク


■18/03/27:日経平均終値2万1317円32銭/92.8
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。米中間の貿易対立に関して両国間の交渉開始が伝えられ、市場の警戒感が和らいだことで大きく買われた前日の米国市場の動向を引き継ぐ形となった。また本日が3月末権利付き最終売買日で権利取得のための買いも相場を後押しした。出来高は16億4385万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+2.65%、TOPIXは+2.74%、マザーズ指数は+1.15%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+1.33%となる。


■18/03/28:日経平均終値2万1031円31銭/89.4
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。前日の米国市場がハイテク関連銘柄を中心に売り込まれたことを嫌気する形で売り優勢の中の相場展開となった。また、前日が3月末の権利確定最終日だったこともあり、権利落ちの影響も少なく無い。出来高は14億1231万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-1.34%、TOPIXは-1.02%、マザーズ指数は+0.64%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は-0.22%となる。


■18/03/29:日経平均終値2万1159円08銭/91.0
本日の東京株式市場はやや高値圏での値動き。米国の経済指標が堅調だったのに加え、米中間の貿易摩擦の懸念後退や、朝鮮半島情勢の緊張に対する不安感がやや低下したことを受けて、為替が円安ドル高になり、これらの材料から買い基調の相場展開となった。もっとも米国市場の動向に連動する形で、ハイテク関連銘柄が売り込まれ、相場全体の上昇は限定的なものとなった。出来高は13億2442万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.61%、TOPIXは+0.02%、マザーズ指数は+1.15%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.55%となる。


■18/03/30:日経平均終値2万1454円30銭/98.1
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。前日の米国市場がハイテク関連株を中心に買われたのを後押しする形で大きく買い進まれた。本日の米国市場は聖金曜日の祝日で休場なとこもあり、出来高はやや少なめの11億4075万株(東証一部上場のみ)に。前営業日比で日経平均株価は+1.40%、TOPIXは+0.72%、マザーズ指数は+1.74%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.43%となる。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー