ポケモンシリーズ最新作が上位を占める…ゲームソフトランキング更新(2017/11/13-2017/11/19)

2017/11/27 04:00

そろそろクリスマスに向けたプレゼントの調達をしたり、ほしい物のリストを「サンタさん」に渡す人も居るであろう今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、任天堂の新作「ポケットモンスター ウルトラサン/ウルトラムーン」(3DS)がついた。ポケットモンスターシリーズの最新作にあたるが、2016年11月に発売された「ポケットモンスター サン/ムーン」の新バージョン的な立ち位置の作品。舞台は「ポケットモンスター サン/ムーン」と同じだが、「伝説のポケモン『ネクロズマ』」をめぐる別の物語が描かれている。新システムとしてサーフィンの実装、ソルガレオ又はルナアーラの背中に乗って別の世界に通じるウルトラホールの中を移動可能となったり、新施設としてバトルエージェントが登場する。多数の新アイテムも展開。なお商品は「ウルトラサン」「ウルトラムーン」別々の発売だが、ランキングは双方合算した上でのものとなる。さらに第二位についている「ポケットモンスター ウルトラサン/ウルトラムーン ダブルパック」は名前の通り、最初から双方が一セットになった商品。初めから双方を調達したい人の事を考えれば、合理的な話ではある。

スポンサードリンク


第3位は任天堂の新作「スーパーマリオ オデッセイ」(Nintendo Switch)。「スーパーマリオ」シリーズの最新作であり、2002年に発売された「スーパーマリオサンシャイン」と同様に、あらかじめ用意されたステージの中をマリオが走り回る3Dタイプのアクションゲーム(同タイプのゲームとしては15年ぶり)。マリオは各ステージに潜むパワームーンを回収し、飛行船に持ち帰ることで新しいステージに足を運ぶことができるようになる。帽子を投げて敵キャラやモノなどに乗り移れる新しいアクション「キャプチャー」もあり、新鮮なプレイ感を堪能できる。発売第4週に突入し、順位こそ前週のトップから落ちたものの、単週6万本以上のセールを見せる堅調。安パイ作として年末セールの波に乗ったようだ。

第4位はエレクトロニック・アーツの新作「Star Wars バトルフロントII」(PS4)。スターウォーズシリーズを題材にしたアクションシューティングゲーム『スターウォーズ バトルフロント』シリーズの最新作。エピソード4・5・6に加え1・2・3、さらには7の時代からもキャラクターが登場する。間もなく公開の『エピソード8/最後のジェダイ』の要素も盛り込まれている。シングルプレイ以外に最大40人で対決できるオンライン上でのマルチプレイモードなども実装されている。初週感想は高安まちまち。特にマルチプレイモードでラグやプレイバランスなどで頭を抱える人が多い。他方、キャンペーンやアーケードモードなどのみで楽しむのなら大いに満足するとの声多し。

今回週は早くも年末商戦モードに突入した感はあるラインアップとなった。「ポケットモンスター ウルトラサン/ウルトラムーン」はダブルパックも併せ、しばらくは上位を独占することだろう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー