リアルなレースゲームがトップに…ゲームソフトランキング更新(2017/10/16-2017/10/22)

2017/10/30 04:00

そろそろ本格的に冬支度をする必要があるなと思わせる寒さを感じる今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの新作「グランツーリスモSPORT」(PS4)がついた。ドライブゲームシリーズ「グランツーリスモ」の最新作で、超がつくほどリアルな運転感覚を楽しむことができる。初週感想は高安まちまち。ビジュアル面は非常に素晴らしいのだが、従来の「グランツーリスモ」とは別の感覚を覚えるとの意見が多い。車種やコースの選択におけるミスチョイスを指摘する人も多々見られる。

スポンサードリンク


第二位にはバンダイナムコエンターテインメントの新作「巨影都市」がついた。さまざまな名作に登場する巨大怪獣や巨大生物によって都市にもたらされる恐怖を、一般人の視点から描いたニューモードのアクションアドベンチャー。名作の主役系ロボットや生物が続々と登場する一方で、ゲームの中身そのものはネタやギャグが山ほど盛り込まれており、制作側の面白真面目な気合が伝わってくる作品。初週感想はこちらも高安まちまち。企画はよかったものの、ゲームとしての作りこなしが今一つとの意見が多い。

第三位はベセスダ・ソフトワークスの新作「サイコブレイク2」(PS4)。Tango Gameworks開発・三上真司氏がディレクターの、2014年に発売された「サイコブレイク」の続編にあたる。自分の人生と家族を取り戻すため、悪夢に足を踏み入れた主人公の物語が描かれていくサバイバルホラー。初週感想は極めて良好。恐怖とスリリングさが一体化した楽しさはまさにサバイバルのリアル体感。前作で不満だった点が改善されているとの指摘も多い。

第四位はスクウェア・エニックスの新作「いただきストリートドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー30th ANNIVERSARY」。堀井雄二さ氏デザインのボードゲーム「いただきストリート」シリーズの最新作で、「ドラゴンクエスト」と「ファイナルファンタジー」シリーズ双方がコラボしている。両タイトルとも30周年を迎えることから、非常にゴージャスなラインアップとなった。ゲームのシステムそのものはこれまでの「いたスト」同様のシンプルなすごろくゲームだが、コラボ部分で楽しめるかも。初週感想は高安まちまち。作り込みが足りないとの意見が多々見られる。次週以降の動向が気になるところ。

今回計測週は新作そろい踏みの結果となった。次週にはどれだけ上位に残っているだろうか。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー