「今の政府は自国のために正しいことをしてるのだろうか」世界各国の人達の認識

2017/11/03 05:19

人によって正しいことの判断は異なるため、ある人が正しいと思ってしていることが他人にとってはそうでないと思われることも少なくない。多くの人の代表が政治を執り行い、国のかじ取りをしている民主主義国家では、人々は国の判断を正しいと考えているのだろうか。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2017年10月16日に発表した調査報告書【Globally, Broad Support for Representative and Direct Democracy】を元に、その実情を確認していく。

スポンサードリンク


今調査の調査要綱は先行記事【「あなたの国では民主主義が満足できるほどに機能している?」世界の人に聞いてみました】を参照のこと。

その先行記事にある通り、調査対象母集団全体では自国の民主主義体制が、回答者自身が満足できるほどに機能していると考えている人は46%。満足している人の割合は国によって大きな違いがあるが、多分に自分自身が支持する政党政派が政権を担っている場合は機能している・満足であると判断し、そうでない場合は機能していない・不満であると認識する傾向がある。

↑ 自分の国では民主主義が満足できるほどに機能しているか(「大変満足」「満足」「不満」「大変不満」の4選択肢。「大変満足」「満足」を満足派、「不満」「大変不満」を不満足派とし、その満足派の値)(その国の現行政権の支持派による値から非支持派の値を引いた結果、ppt)(2017年春)(再録)
↑ 自分の国では民主主義が満足できるほどに機能しているか(「大変満足」「満足」「不満」「大変不満」の4選択肢。「大変満足」「満足」を満足派、「不満」「大変不満」を不満足派とし、その満足派の値)(その国の現行政権の支持派による値から非支持派の値を引いた結果、ppt)(2017年春)(再録)

それでは今の回答者の国の政権が、自国のために正しいことをしていると信頼できるだろうか。「大変信頼できる」「信頼できる」「信頼できない」「まったく信頼できない」の4選択肢を提示して答えてもらい、そのうち前者2つ、信頼派を反映したのが次のグラフ。

↑ 今の自国の政権が自国のために正しいことをしていると信頼できるか(「大変信頼できる」「信頼できる」「信頼できない」「まったく信頼できない」の4選択肢)(2017年春)
↑ 今の自国の政権が自国のために正しいことをしていると信頼できるか(「大変信頼できる」「信頼できる」「信頼できない」「まったく信頼できない」の4選択肢)(2017年春)

報告書では「民主主義が機能しているか否かの判断と政権への信頼性の度合いは連動している」と説明している。つまり民主主義が満足の行く機能ぶりを示していると認識されている国では、その国の政権は正しいことをしていると信頼されている次第。

実際に民主主義が機能していると満足している人が多いアジアやアフリカでは、信頼できるとの回答率も高い。また前大統領の汚職事件のさ中に調査が行われた韓国や、南米では一様に低い値が出ている。

世界全体では中央値として「大変信頼できる」の値は14%であると報告されている。5%に満たないのはイタリア、フランス、ギリシャ、韓国、レバノン、ブラジル、メキシコ、ペルーの8か国である。5%きっかりのスペインとチリを合わせれば10か国になる。

また報告書では詳しい値は開示していないものの、回答者の支持政党が政権を担っているか否かで大きな差が開いているとしている。回答した37か国のうち30か国までが、支持政党が政権を担っている人の方が、そうでない人よりも信頼派の値が高いと説明している。さらに13か国ではその差が30%ポイントも開いているとのこと。

国民が民主主義を実感したり、国のかじ取りを信頼できるか否かが多分に、支持政党別で違ってくるのはよいことなのか否か。考えさせられる結果ではある。


■関連記事:
【トランプ大統領の誕生で米国は政治的に二分された? いいえ昔からです】
【若者の政治への関心度、日本は他国と比べて高い? 低い!?】
【米大統領選挙直前時点で「マスメディアはクリントン氏にえこひいきをしている」と認識していた人は52%】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー