「中国は嫌い」日本人の86%は同意

2017/10/27 05:09

文化交流や経済の相手として頼りになる存在であった大国中国だが、今世紀に入ってからの対外拡大・強硬政策の姿勢を見せて以降、日本にとってはあまり好ましくない存在となりつつあるのは否定できない。軍事力の示唆による敵対的威圧もたびたび行われ、剛腕国家的なイメージを持つ人も少なくないだろう。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2017年10月17日に発表した、日本人を対象にした日本の現状に関する調査報告書【Japanese Divided on Democracy’s Success at Home, but Value Voice of the People】を元に、日本人における中国への認識の実情を確認していく。

スポンサードリンク


今調査の調査要綱は先行記事【「今の景気は良い」と思っている人は41%…日本の景況感をグラフ化してみる】を参照のこと。

次に示すのは中国に対する印象を具体的な説明文で挙げて、その内容を肯定できるか否か、回答者の認識を尋ねたもの。説明文によっては2択の場合もあり、その時には「強い肯定」「強い否定」のみで仕切り分けしている。例えば「中国政府は自国民への自由の権利を尊重していない」は85%の人が肯定を示しており、否定をしている人は9%に留まっている。

↑ 中国への見方(日本、2017年)
↑ 中国への見方(日本、2017年)

「中国政府は自国民への自由の権利を尊重していない」と考えている人は85%、自由の権利を尊重していると考えている人は1割にも満たない。また、中国の姿勢そのものが嫌いだとする人は強弱合わせて86%にも達しており、嫌いではないとする人の11%をはるかに上回る。

現在の中国国家主席である習氏を信頼できないとする人は強弱合わせて81%。国全体としてだけでなく、そのトップに対する信頼度合いも極めて低い。そして中国の影響力は日本にとって脅威であると考えている人は強弱合わせて89%と9割近くにも達している。

トップも国全体も嫌いで、自由の権利を尊重しないような国がすぐそばにあり、脅威であるとの認識もされている。非常にやっかいな状態には違いない。

中国が「やっかいな状態」になった理由の少なからずは、その国力の増大にある。そこで中国の成長に関して、経済面と軍事面に限り、日本にとってよいことか否かを尋ね、よいことであるとの回答率の推移を示したのが次のグラフ。

↑ 中国の●●における成長は日本にとってよいことである(同意率)(2017年、日本)
↑ 中国の●●における成長は日本にとってよいことである(同意率)(2017年、日本)

経済面での成長に関してはやや減少する傾向があるものの、ほぼ過半数の同意が示され続けている。他方軍事面では同意率は数%でしかなく、低い値が維持されている。多くの日本人は経済面よりは軍事面において、中国に大きな脅威、強い懸念を有していると見てよいだろう。


■関連記事:
【中国を好き? 嫌い!? 世界各国の印象を尋ねてみた】
【中国はピーク時に14億4000万人…国連予想による中国・インド・インドネシアの2100年までの人口推移をグラフ化してみる(最新)】
【モリモリ増える中国やインド…主要国の一次エネルギー消費量推移をグラフ化してみる(最新)】
【中国と日本、経済的にはどちらが重要? アメリカ人に聞いてみると……】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー