朝鮮半島情勢とにらめっこ…株式市場雑感(17/09/19-17/09/22週)(週終値:2万0296円45銭)

2017/09/22 19:00

■17/09/19:日経平均終値2万0299円38銭/125.0
本日の東京株式市場は大幅高の展開。米国市場の堅調さと同国の長期金利の上昇を受けて円安ドル高が進み、それもまた株価の底上げに貢献する形となった。出来高は20億4459万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.96%、TOPIXは+1.77%、マザーズ指数は+1.73%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は+0.96%となる。

スポンサードリンク


■17/09/20:日経平均終値2万0310円46銭/118.7
本日の東京株式市場はもみ合いの流れ。寄り付きは高値で始まったものの、FOMCの発表をひかえて利益確定売りによる売り圧力もあり、前日終値を天井とするもみ合いの流れで推移した。引けにかけて持ち直しを見せ、かろうじてプラスで場は終えた。出来高は17億5657万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.05%、TOPIXは+0.04%、マザーズ指数は-0.10%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的にはほぼ安値。前営業日比は-0.47%となる。


■17/09/21:日経平均終値2万0347円48銭/117.7
本日の東京株式市場は高ね寄り付きのあと、後場に入って失速の流れ。円安を好感する形で前場は高値圏でのもみ合いとなったが、後場に入って利益確定売りの機運が強まり、次第に値を落とした。出来高は19億7391万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.18%、TOPIXは+0.05%、マザーズ指数は+1.08%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は-0.11%となる。


■17/09/22:日経平均終値2万0296円45銭/112.7
本日の東京株式市場はやや下値でのもみ合い。日銀の金融政策決定会合で新しい材料が出ないことや、北朝鮮の動向で不安材料が出たのを受けて為替が円高に振れ、これを悪材料として売りが優勢になった。他方、米国内での追加利上げへの目論見から下げ幅は限定的だった。出来高は16億9371万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.25%、TOPIXは-0.25%、マザーズ指数は-1.35%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は+0.43%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー