米国の若者は5人に3人までがテレビ鑑賞を主にネットで行う

2017/09/28 05:08

2017-0914テレビを見ることは日本だけでなくアメリカ合衆国においても主要な娯楽に違いなく、さまざまな調査でも長時間をテレビ鑑賞に費やすとの結果が出ている。他方、【「テレビって無料で観れるの?」なる事案が米国で生じているとの話。ネタなのかマジなのか】にもあるように、アメリカ合衆国ではテレビ鑑賞の際の様式が日本のようなアンテナ経由がメインでは無く、若年層はインターネット経由によるものが多分に及ぶとの話もよく見聞きする。その実情を同国の民間調査会社Pew Research Centerが2017年9月13日に発表した調査報告書【About 6 in 10 young adults in U.S. primarily use online streaming to watch TV】から確認する。

スポンサードリンク


今調査は2017年8月15日から21日にかけて、アメリカ合衆国内に在住する18歳以上の男女に対し、電話による対話形式(使用言語は英語とスペイン語)で実施されたもので、有効回答数は1893人。517人は固定電話、1376人は携帯電話での回答。国勢調査などによる結果をもとにしたウェイトバックが実施されている。

次に示すのは調査対象母集団に対し、テレビ鑑賞を主にどのスタイルで行っているのか、択一で尋ねた結果。例えば全体では59%がケーブル・衛星とあるので、6割近くの人はテレビ鑑賞の様式として、ケーブルテレビか衛星テレビを一番良く利用していることになる。無論複数の様式を用いてる場合もあるが、もっとも使うものを答えてもらっている。

↑ 最近どのタイプのテレビを一番よく観ているか(2017年8月、アメリカ合衆国)
↑ 最近どのタイプのテレビを一番よく観ているか(2017年8月、アメリカ合衆国)

全体では59%がケーブルテレビか衛星テレビを用いる。28%がNetflixなどのオンラインストリーミングサービス、そして日本ではお馴染みの地上デジタルアンテナ方式によるものをメインにしているのは9%でしかない。地上デジタルアンテナ方式のテレビを用いている人が9%というわけでは無いが(あくまでも「一番よく使っている様式」)、テレビ鑑賞のスタイルが日本とは大きく異なっている実情が確認できる。

また、世代間のギャップも見えてくる。若年層ではテレビ鑑賞といえばインターネット経由によるオンラインストリーミングとなるが、歳を重ねるに連れてケーブルテレビや衛星テレビによるものとなる。65歳以上ではテレビ鑑賞とはケーブルテレビ・衛星テレビによるものだとする人は5%しかいない。

このギャップは年齢では無く、世代によるものだと考えられる。時間の経過とともにオンラインストリーミングを主に用いている割合は中堅層、高齢層の順に少しずつ、確実に増えていくだろう(無論新しく大人になった新若年層は、現在の若年層同様、さらにはそれ以上にオンラインストリーミングを多用しているに違いない)。要はインターネットを生活の中心として過ごしている、テレビ鑑賞においてはオンラインストリーミングを使う人達が少しずつ歳を重ね、中堅層を占めるようになった時には、中堅層もまた現在の若年層のように、オンラインストリーミングをテレビ鑑賞の主な様式として回答するようになる次第である。

報告書ではもう少し細かい属性区分における実情が、断片的ではあるが語られている。

・ケーブル・衛星放送を見る人の割合は女性の方が多い。男性は55%だが女性は63%。

・オンラインストリーミングは男性の方が多い。男性31%、女性25%。

・オンラインストリーミングは学歴別では高学歴の方がよく利用されている。大卒以上は35%、高卒は22%。

・地上デジタルアンテナ方式は低年収の人が多く使っている。年収3万ドル未満世帯の人は14%だが、7.5万ドル以上世帯の人は5%でしかない。

インターネットの利用傾向や知識欲、金銭上の問題が反映されており、非常に興味深い。

なお全体値のみだが、前年からの推移も取得ができる。

↑ 最近どのタイプのテレビを一番よく観ているか(アメリカ合衆国)
↑ 最近どのタイプのテレビを一番よく観ているか(アメリカ合衆国)

2年のみの経過データなので統計上のぶれが生じている可能性もあるが、オンラインストリーミングが伸び、ケーブル・衛星テレビやデジタルアンテナがシェアを食われている実情が分かる。上記で解説した若年層が歳を取ることによる世代の進行に加え、オンラインストリーミングのサービスが拡充し、中堅層から高齢層でも多用する人が増えているのも否定できまい。


■関連記事:
【世界各国の「新聞・雑誌」や「テレビ」への信頼度をグラフ化してみる(2010-2014年)(最新)】
【高齢者の普段の楽しみ、8割以上はテレビやラジオ(最新)】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー