アメリカ合衆国にとって現在、そして今後重要なパートナー国は? 一般の人に聞いてみました(最新)

2017/08/31 04:58

2017-0830「パートナー」とは様々な意味合いを持つ言葉。配偶者のように一生を寄り添う深い意味を持つ場合もあれば、仕事の上での共同作業相手や取引先のような特定の視点における親しい関係を意味することもある。今回は外務省が2017年5月2日に同省公式サイト内において発表した、アメリカ合衆国における対日世論調査の結果から、政治や経済、外交方面などを包括した、総合的な国同士の付き合いとしての「パートナー」となる国に関するアメリカ合衆国国民の想いを確認していく(【発表リリース:米国における対日世論調査】)。

スポンサードリンク


調査概要に関しては今調査に係わる先行記事【アメリカ合衆国の日本への一般人信頼度73%・有識者は83%に(最新)】を参考のこと。

次に示すのはアメリカ合衆国の一般人に対し、「現在重要なパートナー国は次のうちどの国か」「今後重要なパートナー国は次のうちどの国か」に関して、複数回答で尋ねた結果。一般人における各国への認識、信頼、結びつきにおける総合評価的な値と見て良いだろう。要は「今現在この国との付き合いは大切」「今後この国との付き合いは大切になるに違いない」とアメリカ合衆国民がどの国に対して思っているかである。

↑ 米国にとって現在/今後重要なパートナーは(複数回答)(2015年、一般人)
↑ 米国にとって現在/今後重要なパートナーは(複数回答)(2015年、一般人)

パートナーとの認識度が一番高い対象国はイギリス。大よそ3/4の人がイギリスは重要なパートナーだと考えている。次いでイギリス、ドイツが続き、日本はその次となる。物理的な距離感ではなく、経済的な観点、政治外交面での評価を積み重ねて、その総合点の高い順だと考えれば、納得のいく値ではある。

一方今後となるとトップはやはりイギリスだが、ほぼ同率でカナダが横に並び、次いで日本がドイツに割って入る形となる。数%ポイントの差なので誤差領域ではあるが、将来性の観点では日本はドイツよりも高い評価を受けているようだ。

大よその国が現在・今後でさほど変わりない順位を示しているが、イギリスやカナダが現在の値の方が高いのに対し、それ以外の国では今後の方が値は高い。特に中国やロシアのような対峙関係にあるとも思われている大国、サウジアラビアのような新興国、ブラジルやアルゼンチンのような南米諸国において大きな伸びが確認できる。とりわけ中国とロシアの現在・今後間の差異は大きく、一般人においては今後は大国同士の協調関係が今まで以上に必要になるのではとの認識があることが垣間見えてくる。

今設問は直近となる2015年分からの設定で、過去からの動向変化は分からない。また、例えば経済面と政治外交面で仕切り分けすれば、それぞれの国のパートナー認識度は大きな違いをみせるはずだ。次年分公開以降は値の変化が楽しみではあるし、可能ならば多方面からの認識を見たいものではある。


■関連記事:
【日本が一番中国二番…アメリカ合衆国のアジア地域諸国に対するパートナー意識の重要度推移をグラフ化してみる(最新)】
【日本の常任理事国入り、国内賛成派は約3/4(2016年)(最新)】
【対米89%、好感度もうなぎ昇り…対外国・震災対策評価をグラフ化してみる】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー