60代前半で歯の数は21.6本…中堅層以降の歯の数をグラフ化してみる(2017年)(最新)

2017/06/12 05:17

虫歯や事故、歯肉の衰えなど様々な理由により、人の歯は欠落しうる。永久歯はすべてそろって32本(親知らずを除けば28本)だが、年齢と共に減少が想定できる歯の残数はどれほどなのだろうか。厚生労働省が2017年6月2日に発表した歯科疾患実態調査の2016年調査分の概要から、その実情を確認していく(【歯科疾患実態調査】)。

スポンサードリンク


今調査の調査要綱は先行記事【「80歳で20本の自分の歯」達成者は50.2%】を参照のこと。

次に示すのは歯の残り本数が気になる40代以降における、永久歯の平均的な本数。今件でカウントされる歯の数は、健全な状態が維持されたままの歯に加え、「う歯(齲歯。齲蝕した歯。いわゆる「虫歯」)」の状態の歯、詰め物などをして治療した充填歯、かぶせ歯・差し歯のようなクラウンと呼ばれる状態の歯も含まれる。

↑ 一人平均現在歯数(2016年)
↑ 一人平均現在歯数(2016年)

先行記事「「80歳で20本の自分の歯」達成者は50.2%」にある通り、美味しい食事ができる基準の一つ「自前の歯が20本以上ある状態」を80歳の時点でも維持できるようにとの指標「80歳で自分の歯が20本以上ある人(俗に「8020達成者」と呼ぶ)」の割合は2016年時点で半数を超えているが、全体的な平均値としては80歳では16.7本((18.0+15.3)÷2)であることがわかる。平均値で20本に達しているのは、全体では60代後半まで、女性に限れば70代前半まで。

男女別では大よそ女性の方が本数が多い。男性よりも女性の方が歯の健康に留意している人が多いからだろうか。80代後半以降で男性の方が高い値を示すのは、女性の方が長生きする人が多い≒より歯が少ない人が多いことによるものと考えられる。

これを過去の動向から合わせ、全体の平均推移を見たのが次のグラフ。

↑ 一人平均現在歯数(-1987年の「80代前半」は正確には「80歳以上」)
↑ 一人平均現在歯数(-1987年の「80代前半」は正確には「80歳以上」)

グラフ中の解説にもある通り、1987年までは年齢の仕切り分け上限が「80歳以上」だっため、「80代後半以降」の値が1987年までは無く、「80代前半」の値の連続性は無い。とはいえ、それを除いても、一部年齢階層で1970年代までは減少する動きもあったものの、大よそ歯の本数は増加する傾向にある。これもひとえに公衆衛生・健康の啓蒙と各種医療技術の成果といえるだろう。


■関連記事:
【歯の定期検診、受けてる人は6割強】
【歯みがき一日何回してる? 過半数は「一日二回」、使う道具は歯ブラシと歯みがき粉】
【年収で生活習慣はどこまで変わるのか、相関関係を確認してみる(2016年)(最新)】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー