子供のインターネット利用で保護者が困っていることあれこれ(2017年)(最新)

2017/06/13 05:06

大人ですら夢中になるのだから、自制心がはぐくまれていない、好奇心旺盛な子供が、インターネットに取りつかれたように熱中してしまうのも無理はないお話。しかしながらそれを放置していては、学力にも健康にも悪影響が生じるし、トラブルに巻き込まれる可能性すらある。保護者達は子供のインターネット利用において、いかなる「困った体験」をしているのだろうか。10歳未満の子供達の実情を、内閣府が2017年5月19日に発表した、低年齢層のインターネットに関わる利用実情を調査した結果報告書から確認していくことにする(【低年齢層の子供のインターネット利用環境実態調査】)。

スポンサードリンク


今調査の調査要綱は先行記事【10歳未満のデジタル端末利用実情】を参照のこと。

次に示すのは直接回答をしている保護者の立場として、その子供がインターネットを使っている際に生じた、あるいは発覚した、困った事柄に関する経験率。回数やいつ経験したかは問われていない。

↑ 子供がインターネットを使っていて困った体験(2017年1月、子供の年齢が0-9歳、複数回答、子供がインターネットを使っている人限定)
↑ 子供がインターネットを使っていて困った体験(2017年1月、子供の年齢が0-9歳、複数回答、子供がインターネットを使っている人限定)

もっとも多い回答は「保護者が設定したパスワードが、保護者が知らないうちに勝手に解除されていた」で7.4%。保護者が設定しがちなフレーズを推定して入力解除したのか、保護者の入力したパスワードを盗み見したのか、あるいはすり抜ける方法をどこからか入手したのか。その方法までは問われていないが、いずれにせよ由々しき話ではある。

次いで多いのは「保護者が知らないうちに不適切な内容が掲載されているサイトにアクセスした」で3.6%。フィルタリングをしていなければ(禁じていても)アクセスされる可能性は多分にあるし、フィルタリングが使われていてもそれを潜り抜ける方法を見出した、知ったのかもしれない。あるいは偶然にアクセスしてしまった可能性もある。

インターネットへ夢中になることで生じるトラブルとしてよく知られている「インターネットにのめり込んで睡眠不足などの体調不良に陥った」は2.1%、「保護者が知らないうちにゲームやアプリで課金した」は1.0%。経験率としては少数ではあるが、内容いかんでは重大な問題であり、看過するわけにはいかない。

これら列挙された問題を経験したことがない保護者は6割強に留まっている。もっともこの保護者も、まったく問題なく過ごしているのか、別の問題の経験があるのかまでは分からない。

これを子供の性別で区分して確認した結果が次のグラフ。

↑ 子供がインターネットを使っていて困った体験(2017年1月、子供の年齢が0-9歳、複数回答、子供がインターネットを使っている人限定)(子供の性別)
↑ 子供がインターネットを使っていて困った体験(2017年1月、子供の年齢が0-9歳、複数回答、子供がインターネットを使っている人限定)(子供の性別)

総じて女子の方が経験率は低い。「当てはまるものなし」の回答率も男女間で7.0%ポイントもの差が生じている。少なくとも保護者が把握している限りでは、女子よりも男子の方がインターネット上で活動的だということなのだろうか。


■関連記事:
【インターネットを使う子供を持つ母親、「有害サイト対策」は5割強】
【小中高校生のインターネット・携帯電話事情をグラフ化してみる】
【子供にパソコンを使わせるメリット、そして不安なこととは】
【子供がインターネットの世界へチャレンジする際に守らせたい11の決まりごと】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー