米大統領周りで大騒ぎ…株式市場雑感(17/05/15-17/05/19週)(週終値:1万9590円76銭)

2017/05/19 19:00

■17/05/15:日経平均終値1万9869円85銭/132.4
本日の東京株式市場は安値寄り付きの後持ち直しの流れ。米国の経済指標の悪さなどを背景に円高が進み、これをマイナス材料として寄り付きは大きく売られた。しかしその後押し目買いが入り下げ幅は縮小。小幅な下げ幅で場を終えた。出来高は21億5577万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.07%、TOPIXは-0.04%、マザーズ指数は+0.33%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.17%となる。

スポンサードリンク


■17/05/16:日経平均終値1万9919円82銭/145.6
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。前日の米国市場の堅調さなどを受けて寄り付きから買い進まれたが、日経平均株価2万円台には届かず、失望感が生じたために失速、上げ幅は縮小する形となった。出来高は21億7425万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.25%、TOPIXは+0.27%、マザーズ指数は+0.63%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.46%となる。


■17/05/17:日経平均終値1万9814円88銭/135.3
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。為替が円高に振れたことを嫌気する形で売り込まれたものの、押し目買い的な動きも多々あり、不安定な相場展開となった。出来高は19億6447万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.53%、TOPIXは-0.53%、マザーズ指数は-0.35%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.49%となる。


■17/05/18:日経平均終値1万9553円86銭/123.8
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。いわゆる「トランプ疑惑」を背景に前日の米国市場が安値となり、それを受けた円高も合わせ、大きな売り要因が寄り付きから襲い掛かる形となった。引けにかけて下げ幅は縮小したものの、軟調な市場展開に変わりは無かった。出来高は21億8463万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-1.32%、TOPIXは-1.32%、マザーズ指数は-0.91%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.23%となる。


■17/05/19:日経平均終値1万9590円76銭/130.0
本日の東京株式市場は小幅な値動き。米大統領周りのドタバタによる米国市場の下げ幅が限定的となったことを受け、買い戻しの動きが生じた。他方、週末のポジション整理売りもあり、前日終値付近でのもみ合いの形となった。出来高は19億0863万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.19%、TOPIXは+0.30%、マザーズ指数は+0.03%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は+0.07%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー