半島情勢で相場も一喜一憂…株式市場雑感(17/04/24-17/04/28週)(週終値:1万9196円74銭)

2017/04/28 19:00

■17/04/17:日経平均終値1万8875円88銭/83.8
本日の東京株式市場は高値推移。フランスの大統領選で波乱なくことが進んだのを好感する形で円安が進むと共に買い進まれた。ただし翌日の半島情勢に関わるリスクを懸念する形で上値は抑えられる形となった。出来高は19億2119万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.37%、TOPIXは+0.98%、マザーズ指数は-2.02%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.89%となる。

スポンサードリンク


■17/04/25:日経平均終値1万9079円33銭/88.1
本日の東京株式市場は次第高の流れ。半島情勢が限定的なものになるとの見通しが支配的になったことから、円安化と共にじわりと買い進められた。出来高は19億4868万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.08%、TOPIXは+1.07%、マザーズ指数は+1.62%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.10%となる。


■17/04/26:日経平均終値1万9289円43銭/100.33
本日の東京株式市場は次第高の流れ。前日の米国市場が堅調だったことに加え、為替が円安に流れたことを好感する形で積極的に買い進まれた。後場に入ると一段高となり、勢いのある相場展開となった。出来高は20億3553万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.10%、TOPIXは+1.20%、マザーズ指数は+1.67%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.10%となる。


■17/04/27:日経平均終値1万9251円87銭/103.57
本日の東京株式市場は安値寄り付きの後、次第に戻す流れ。利益確定売りの動きが強まり、寄り付きは大いに売られたが、その後ジワリと買い戻され、引けでは最小限の値下がりに留まることとなった。ただし来週から連休に突入することから積極的な売買はひかえられている。出来高は19億7020万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.19%、TOPIXは-0.05%、マザーズ指数は+1.20%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.13%となる。


■17/04/28:日経平均終値1万9196円74銭/96.3
本日の東京株式市場は次第安の流れ。連休開始を前に利益確定売りに押される形となり、じわじわと値を下げる相場展開となった。出来高は19億9653万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.29%、TOPIXは-0.32%、マザーズ指数は-0.27%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は-0.14%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー