ゆれる情勢と為替、不安定な株価…株式市場雑感(17/04/17-17/04/21週)(週終値:1万8620円75銭)

2017/04/21 19:00

■17/04/17:日経平均終値1万8355円26銭/68.1
本日の東京株式市場は前場安値、後場は戻しの動き。円高の進行を受けて輸出関連銘柄を中心に売り込まれたが、後場に入ると買い戻しの動きがあり、日経平均株価は前営業日終値付近でのもみ合いとなった。地政学リスクの高まりを受け上値は重く、また出来高も低迷。その出来高は14億5429万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.11%、TOPIXは+0.45%、マザーズ指数は+2.11%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は+0.62%となる。

スポンサードリンク


■17/04/18:日経平均終値1万8418円59銭/70.9
本日の東京株式市場は高値寄り付きの失速な流れ。前日の米国市場の高値を受けて寄り付きは大きく買い進まれたものの、地政学リスクへの懸念が続いていることや日米経済対話の行く末へを見定めたいとの思惑が強いからかじきに失速。低空飛行的な値動きが引けまで続いた。出来高は15億7522万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.35%、TOPIXは+0.40%、マザーズ指数は-0.50%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.50%となる。


■17/04/19:日経平均終値1万8432円20銭/71.7
本日の東京株式市場はもみ合いの流れ。円高を受けて売り先行で開場したものの、次第に買い進まれ値をじりじりと上げていった。しかし特段買い材料があるわけではなく、結果としてはもみ合いのような相場展開となっている。出来高は19億5291万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.07%、TOPIXは-0.01%、マザーズ指数は-0.30%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.40%となる。


■17/04/20:日経平均終値1万8430円49銭/76.0
本日の東京株式市場は高値での値動きから失速の流れ。円高が一服感を覚えたのと貿易統計における輸出の好調さを受けて買い基調での展開となったが、引けにかけて為替の動きに反応する形で売り込まれ、マイナス圏で場を終えた。出来高は18億4106万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.01%、TOPIXは+0.09%、マザーズ指数は+0.66%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は+0.01%となる。


■17/04/21:日経平均終値1万8620円75銭/78.5
本日の東京株式市場は高値での値動き。米政権への経済政策期待が再燃する形となり、終始買い基調で展開。引けにかけては勢いがつき、一段高の流れとなった。出来高は18億6244万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.03%、TOPIXは+1.07%、マザーズ指数は-0.74%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には全銘柄きれいに上げ。前営業日比は+1.00%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー