野菜をもっとも食べるのはどの地域の人だろうか(2017年)(最新)

2017/05/31 11:11

厚生労働省は2017年3月22日、「平成27年国民健康・栄養調査」の結果に関する詳細な各種データを発表した。今回発表分の詳細値では以前のように各都道府県別の動向調査結果の公開がなされることは無かったが、地域ブロック別の動向は複数項目で取得することができる。今回はその中から、野菜類の摂取量動向を確認し、地域で違いが生じているのか否かを見ていくことにする。

スポンサードリンク


「平成27年国民健康・栄養調査」の結果による野菜類の平均値はすでに【増える肉類、減る魚類、そして野菜はどうだろう?…魚介類・肉類の摂取量をグラフ化してみる(2016年)(最新)】で記した通り、全体で132.2グラムとなっている。なお今件の野菜類とは緑黄色野菜や葉物、淡色野菜、さらには野菜ジュースや漬物も含まれる。果実類やいも類は含まれない。

↑ 野菜類の摂取量の平均値(男女計・年齢階級別)(1日あたり、グラム)(2005年と2015年の比較)(再録)
↑ 野菜類の摂取量の平均値(男女計・年齢階級別)(1日あたり、グラム)(2005年と2015年の比較)(再録)

それでは地域別で野菜類の摂取量に違いは生じているのだろうか。その実情を確認した結果が次のグラフ。なお「関東I」とは埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、「関東II」は茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、長野県、「近畿I」は京都府、大阪府、兵庫県、「近畿II」は奈良県、和歌山県、滋賀県、「北九州」は福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、「南九州」は熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県が該当する。また、平均値は単純に各回答者の値を足して回答者数で割ったもの、中央値は回答者を回答値の順に並べて人数の上で半数の場所にいる人の回答値を示したものである。

↑ 野菜類摂取量(2015年、地域別、1歳以上、グラム、一日あたり)
↑ 野菜類摂取量(2015年、地域別、1歳以上、グラム、一日あたり)

全国平均摂取量は281.9グラム、中央値は252.3グラム。北海道は一段と低い値が出ているが、それを除けば大よそ西低東高の結果が出ている。これは北海道が低めの値を計上したのと合わせ、先行する記事【食塩摂取量がもっとも多いのはどの地域の人だろうか】で解説した食塩の摂取量動向と同じであり、興味深い結果といえる。

平均値、中央値共に最高値を示したのは北陸、他方最少値は平均値では近畿IIだが、中央値は北海道。北海道は平均値と中央値の差が大きいことから、野菜類を食べている人は多量に食べ、そうでない人はあまり食べていないとの二極化傾向が強いようだ。

もっとも北海道の場合、野菜類や食塩に限らず、食品群そのものの摂取量が少ない結果が出ている。

↑ 食品摂取量(2015年、地域別、1歳以上、グラム、一日あたり)
↑ 食品摂取量(2015年、地域別、1歳以上、グラム、一日あたり)

平均的なエネルギー摂取量に違いは確認できないので(ミネラルや食物繊維、ビタミンなどはやや低め)、寒地ならではの食事情の結果が表れているのかもしれない。


■関連記事:
【野菜をもっとも食べるのは何県の人? 一番食べないのは!? (2014年)(最新)】
【ナトリウム 塩分量との関係を 正しく知ってる 人は5%】
【チャーハン・ラーメン・八宝菜……塩分が一番多いのは!?】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー