米国政局波乱で円高進んで株安…株式市場雑感(17/03/27-17/03/31週)(週終値:1万8909円26銭)

2017/03/31 19:00

■17/03/27:日経平均終値1万8985円59銭/100.6
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。米国でのオバマケア代替法案撤退を失望した売り圧力に、円高がさらに後押しをする形となり、寄り付きから大きく売り込まれ、その後いくぶんは戻したものの安値圏での値動きとなった。出来高は17億6293万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-1.44%、TOPIXは-1.26%、マザーズ指数は-1.90%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.68%となる。

スポンサードリンク


■17/03/28:日経平均終値1万9202円87銭/106.5
本日の東京株式市場は大幅高の流れ。為替の円高への動きに歯止めがかかったことから買い戻しの動きが強まり、大きく値を上げた。年度末に向けた権利取りの動きも多分にあるようだ。出来高は19億0013万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.14%、TOPIXは+1.34%、マザーズ指数は+1.33%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄のみ。前営業日比は+1.01%となる。


■17/03/29:日経平均終値1万9217円48銭/101.9
本日の東京株式市場はもみ合いの流れ。3月期末銘柄の配当落ちを埋めたことを合わせ考えれば実質的には堅調な動き。為替の円高化の流れが止まったことや前日の米国市場の堅調さを背景にした値硬さとなった。出来高は17億5140万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.08%、TOPIXは-0.18%、マザーズ指数は+2.67%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.14%となる。


■17/03/30:日経平均終値1万9063円22銭/96.7
本日の東京株式市場は安値展開。前日の米国市場の値動きの乏しさで材料が無い中、先物の売り仕掛け的な流れでじわりと下げ、後場に大きく下げ幅を拡大した。出来高は18億4941万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.80%、TOPIXは-0.94%、マザーズ指数は+0.10%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-1.34%となる。


■17/03/31:日経平均終値1万8909円26銭/90.4
本日の東京株式市場は高値展開の後、引けにかけて失速。為替の円安への流れや前日の米国市場の堅調さから後場の半ばまで高値圏での値動きだったが、利益確定売り的な動きが強まり失速。引けにはマイナスに転じてしまう。出来高は22億2223万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.81%、TOPIXは-0.98%、マザーズ指数は+0.59%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.97%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー