為替や海外政局に一喜一憂…株式市場雑感(17/03/21-17/03/24週)(週終値:1万9262円53銭)

2017/03/24 19:00

■17/03/21:日経平均終値1万9455円88銭/110.6
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。G20での共同声明で反保護主義に関わる文言が削除されたことを悪材料としてドル安円高が進行。これを嫌気する形で売り基調となった。もっとも継続的な買いが値を底上げし、前営業日終値をやや下回る形での低迷に留まった。出来高は15億9718万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.34%、TOPIXは-0.16%、マザーズ指数は+1.93%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は-0.05%となる。

スポンサードリンク


■17/03/22:日経平均終値1万9041円38銭/104.7
本日の東京株式市場は大幅安の展開。米大統領の政策実現性への不透明感をトリガーとした前日の米国市場の安値を受けて寄り付きからリスク回避の目的による売りがかさむ。円高の進行も売り圧力となり、引けまでに日経平均株価は400円以上の下げ幅を示す形となった。出来高は20億5553万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-2.13%、TOPIXは-2.12%、マザーズ指数は-2.00%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄のみ。前営業日比は-1.09%となる。


■17/03/23:日経平均終値1万9085円31銭/99.8
本日の東京株式市場はもみ合いから高値への値動き。前場は円高を受けて安値圏を意識しながらのもみ合いとなったが、円高の動きが止まったのを見て買い戻しが入り、弱いながらもプラスへと転じる形となった。出来高は17億5963万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.23%、TOPIXは+0.01%、マザーズ指数は+1.04%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は+0.18%となる。


■17/03/24:日経平均終値1万9262円53銭/106.6
本日の東京株式市場は次第高の流れ。為替が円高に振れたことから輸出関連銘柄を中心に売り込まれたものの、その動きに歯止めがかかると買い戻しや押し目買いの動きが強まり、大きな上昇を見せる形となった。出来高は18億2174万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.93%、TOPIXは+0.88%、マザーズ指数は+0.63%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまちやや高値銘柄多し。前営業日比は+1.12%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー