Nintendo Switchタイトルが続々上位に…ゲームソフトランキング更新(2017/02/27-2017/03/05)

2017/03/13 05:00

新ハードの誕生で家庭用ゲーム機業界にも新たな風が吹いたことを実感できる情報が次々と飛び込んでくる今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、任天堂の新作「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(Nintendo Switch)となった。任天堂の新型家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」と同時に発売された、同ハード対応のタイトルで、同社の大黒柱シリーズのひとつ「ゼルダの伝説」の最新作。オープンワールド形式のアクションロールプレイングゲームだが、自由度が異様なまでに高く、ハードの利用スタイル同様に自由なプレイが堪能できる。「やりたいことをやりたいだけ」のコピーが合いそうな一品で、初週感想も極めて高し。Wii U版も同時に発売され第4位に入っているが、そちらも評価は大変良い状態。

スポンサードリンク


第2位はソニーインタラクティブエンタテインメントの新作「Horizon Zero Dawn」(PS4)。トップの「ゼルダ」同様にオープンワールドのRPGだが、こちらは主人公のハンターを操作し、動物のような機械に支配された地球を冒険する、SF色の強い作品となる。初週感想もまた「ゼルダ」同様に極めて高い。両作品が同じタイミングで世に放たれたのは、何かの運命ではないかと思わせるほど。

第3位は任天堂の新作「1-2-Switch」(Nintendo Switch)。名前から分かる通り、新ハード「Nintendo Switch」の機能を認識してもらう啓蒙的なタイトルでもある一品。コントローラー「Joy-Con」を外してさまざまな使い方をするシンプルなゲーム集。多人数でのプレイを前提としたツール的作品、あるいはパーティーグッズのようなもので、評価は賛否両論。

今回計測週では任天堂の新ハード「Nintendo Switch」の登場がすべてという感の流れ。他にも上位を狙えるタイトルが同ハード向けに多数発売されている。新風が吹いたようで、とても良い雰囲気ではある。次週以降も興味深い順位動向が楽しめそうだ。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー