バレンタインデーに向けてチョコはいつ買われるのか…日々のチョコレートへの支出傾向(最新)

2022/02/09 03:01

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022-0208先行記事【日本のチョコレートなどへの支出傾向(最新)】において、総務省統計局が定期的に調査を実施し、その結果を公知している【「家計調査」】を基に、バレンタインデーにちなんで日本の地域別におけるチョコレートやチョコレート菓子の購入傾向を金額面から確認した。今回は別の視点から同じく「家計調査」の公開値を用い、バレンタインデーにまつわる人々の購入傾向を見ていくことにする。

スポンサードリンク


家計調査では二人以上世帯(原則夫婦世帯)においてのみ、日次の動向に関する調査も行われている(【家計調査のデータを探す前に】)。世の中全体の動向を推し量るのには総世帯(単身世帯+二人以上世帯)の値が望ましいのだが、存在しない以上仕方がないので、この二人以上世帯における日々の支出金額を元に、「チョコレート」や「チョコレート菓子」がバレンタインデーに向けてどのように買い進められていくのかを確認する。

現時点で日次データが取得できるのは2021年12月分まで。そこで前年度に該当し、バレンタインデー関連の動向を推し量れるように、2020年12月から2021年3月までの日々の支出に関して、「チョコレート」「チョコレート菓子」の支出金額を確認する。

加えて今回は「他の洋生菓子」も追跡項目として追加する。これはバレンタインデーはともかく、その翌月のホワイトデーで対象となる種類の菓子が多分に含まれるからである(なお「キャンデー」も単独項目として「家計調査」には用意されているが、バレンタインデー・ホワイトデーともに特異な動きは無かったので、今回は省略する)。「他の洋生菓子」の具体例は【収支項目分類及びその内容例示(令和2年(2020年)1月改定)】によると次の通り。

●他の洋生菓子
・エクレア シュークリーム
・ワッフル クレープ バームクーヘン
・アップルパイ
・ロールケーキ パウンドケーキ マドレーヌ
・ババロア ムース
・スイートポテト

↑ 二人以上世帯における支出金額(日次、品目別、円)(2020年12月-2021年3月)
↑ 二人以上世帯における支出金額(日次、品目別、円)(2020年12月-2021年3月)

日取りによる影響も少なくないが、「チョコレート」は2021年のバレンタインデーでは前日の2月13日(土曜)の支出金額が最多で、2月11日(木曜・建国記念の日)、2月12日(金曜)が続く。バレンタインデー当日の2月14日(日曜)は80.59円。2021年はバレンタインデー当日が日曜なのに加え、建国記念の日の祝日が直前に入っていることもあり、「祝日の2月11日にチョコを購入・作成し、前倒しの形で平日の2月12日・金曜に渡す」というパターンが少なからずあったのかもしれない。

また「チョコレート菓子」はバレンタインデーやホワイトデーに関して、イレギュラー的な動きはほとんど無い。バレンタインデーなどはあくまでもチョコレートのイベントであり、チョコレート菓子はほとんど無視されると見てよい。

ホワイトデーといえばキャンデーやマシュマロのような洋菓子がイメージされるが、キャンデーについてはほとんど動きが無いものの、「他の洋生菓子」は明らかにホワイトデーに向けた上昇ぶりを見せ、3月14日には47.99円をつけている。ただし支出金額はバレンタインデーの「チョコレート」にははるかにおよばず。

興味深いのはホワイトデーに当たる3月14日に「チョコレート」の支出金額がそれなりに伸びていること。ホワイトデー用のギフトとしても、チョコレートの類が用いられる事例は少なからずあるようだ。

なお「他の洋生菓子」(「ケーキ」は別途項目があるので含まれていない)はクリスマスから正月にかけて、支出金額の増加が確認できる。これは【お正月に洋生菓子が売れてるのって、やっぱり......】でも示唆しているが、コンビニにおける年末年始向けのスイーツ群が多分に影響していると考えられる。あるいはクリスマスケーキに併せて買っているのかもしれない。まだコンビニが年末年始の特別スイーツに本腰を入れていない9年前の動向を確認したが、2020年の動向と比べると動きは小さかった。またホワイトデーにはほとんど際立った動きはなかった。それらしい動きがホワイトデー前日にかろうじて見える程度。

↑ 二人以上世帯における支出金額(日次、他の洋生菓子、円)(2010年12月-2011年3月)
↑ 二人以上世帯における支出金額(日次、他の洋生菓子、円)(2010年12月-2011年3月)

ちなみにバレンタインデーにおいては、チョコレートだけでなくケーキの類もギフトとして用いられるケースがある。しかし2021年においては明確な支出金額の上昇振りは見られなかった。少々大きいかな、という程度。

↑ 二人以上世帯における支出金額(日次、ケーキ、円)(2020年12月-2021年3月)
↑ 二人以上世帯における支出金額(日次、ケーキ、円)(2020年12月-2021年3月)

12月24日は当然クリスマスイブ、そして3月3日はおそらくひな祭りのためにケーキが買われているものと考えられる。さらに興味深い話だが、バレンタインデーやひな祭りでは見られない現象として、クリスマスイブの翌日、クリスマス当日にも「ケーキ」は高い支出金額を示している。イブではなくてクリスマス当日にケーキを食べようとの動きに加え、イブを過ぎてセールス価格となったケーキを購入するパターンも少なからずあるのかもしれない。


■関連記事:
【ローソンの「プレミアムチョコロール ケーキ」】
【誕生日、母の日、クリスマス…イベントでの贈り物率、通販利用率を探る】
【気になるバレンタインデー・ホワイトデーの予算繰り、安すぎと高すぎの境界線を探る】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2022 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS