フェイトが複数機種で上位を占める…ゲームソフトランキング更新(2016/11/07-2016/11/13)

2016/11/21 07:00

寒さと共に湿度の低下も冬の本格的な到来を思わせる今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位はマーベラスの新作「Fate/EXTELLA(フェイト/エクステラ)」(PS Vita)となった。人気作品シリーズ「Fate」の世界観を用いた新作アクションで、原作者による描き下ろしの設定(新世界(EXTELLA))の中での物語が描かれている。多様な作品の人物たちが登場することもあり、同シリーズのファンにはたまらないコレクションアイテム的な存在とも。ゲームシステムは3Dタイプのアクション格闘で、多数の敵をなぎ倒す爽快感もあるが、ストーリーはともかくゲームとしての出来栄えには疑問符を投げかける人も少なくない。なおPS4版が第2位に収まっており、両方で初週販売本数は16万本近くに達している。

スポンサードリンク


第3位はタカラトミーアーツの新作「プリパラ めざめよ! 女神のドレスデザイン」(3DS)。タイトルからも分かる通り、アーケードのカードゲーム「プリパラ」のゲーム機版的なもので、プレイヤーは自分のキャラクタに多様な着せ替え(コーデ)をさせてゲーム内に登場させ、ゲーム内でのなりきりを楽しめる。またリズムゲームモードではライブを満喫することも。一方で家庭用ゲーム機ならではの能力上の制限がかかっているのを残念がる声も少なくない。

第4位は「The Elder Scrolls V: Skyrim SPECIAL EDITION」(PS4)。2011年に発売された「The Elder Scrolls V: Skyrim」のリマスター版で、各種ダウンロードコンテンツも導入適用されている。オープンワールドな世界設定を用いたアクションRPGで、多種多様なNPCの行動が魅力的であり、人間臭さを覚えるところがある。「膝に矢を受けてしまってな」はあまりにも有名。またパッケージデザインにも登場しているドラゴンが大きなカギとなっており、ゲームの舞台を大きく揺るがす存在でもある。初週感想はおおむね堅調。高スペック端末でプレイできるようになったことへの感激の声も多い。なおCEROレーティング「Z」(18歳以上対象)なので注意が必要。

今回計測週ではファンの後押しを受ける形でトップについた「Fate/EXTELLA(フェイト/エクステラ)」がやはりというかさすが的なポジションの確保。他方、次週以降も年末セールス時期に合わせて大作が登場予定のため、順位を維持できるか否かは微妙なところ。とはいえ、良い作品がつばぜり合いをするのは良いことに違いない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー