米大統領選の不透明感で安値展開…株式市場雑感(16/10/31-16/11/04週)(週終値:1万6905円36銭)

2016/11/04 19:00

■16/10/31:日経平均終値1万7425円02銭/134.6
本日の東京株式市場は安値圏でのもみ合い。米大統領選に関する懸念がもとで円高が進み、これが株価の頭を押さえる形となった。ここ数日の過熱感への警戒も足を引っ張る形に。ただし下げ幅は限定的な動きに留まっている。出来高は22億4263万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.12%、TOPIXは+0.0.4%、マザーズ指数は+0.06%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。一銘柄が大きく下げて、前営業日比は-0.92%となる。

スポンサードリンク


■16/11/01:日経平均終値1万7442円40銭/139.5
本日の東京株式市場は前場安値、後場に入ってもみあいの流れに。前場は米大統領選における混迷度の深みや原油相場が下落したことを受けて安値基調で推移、後場に入ってからは中国の経済指標を機運にやや持ち直しの動きもあったが、前日終値付近での行き来に終始する形となった。出来高は19億0602万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.10%、TOPIXは+0.04%、マザーズ指数は-1.33%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は-0.18%となる。


■16/11/02:日経平均終値1万7134円68銭/122.8
本日の東京株式市場は安値圏での値動きで後場に入って一段安。米大統領選が不透明感を増してきたことに伴う心理的不安から米国市場が大幅安、円高も進んだことを受け、寄り付きから大きく売り込まれた。後場に入ると一段安となり、下げ幅は拡大したままで場を終える。出来高は20億5634万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-1.76%、TOPIXは-1.78%、マザーズ指数は-3.37%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的にはほぼ全面安。前営業日比は-1.38%となる。


■16/11/04:日経平均終値1万6905円36銭/120.6
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。米大統領選の不安定感に伴うさまざまなリスクを嫌気する形で円高ドル安米市場株価安の流れが連打パンチの形で売り攻勢の後押しをし、寄り付きから安値基調の流れ。後場に入って幾分の持ち直しを見せるも、全般的には安値圏での値動きに変わりは無かった。出来高は20億5681万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-1.34%、TOPIXは-1.56%、マザーズ指数は-2.28%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的にはほぼ全面安。前営業日比は-1.12%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー