コンビニの出版物販売額をグラフ化してみる(番外編)(2015年)

2015/10/30 05:00

先に【コンビニの出版物販売額をグラフ化してみる(前編:各社編)】【コンビニの出版物販売額をグラフ化してみる(後編:全体編)】で、日販による『出版物販売額の実態』最新版(2015年版)のデータを基に、コンビニ(コンビニエンスストア)における出版物の販売動向の精査を行った。今回はそれらの記事に続く番外編的なポジションとして、コンビニ毎の経年推移を確認し、状況の変化を推し量ることにした。

スポンサードリンク


先程の「コンビニの出版物販売額をグラフ化してみる(前編:各社編)」で解説した通り、コンビニにおける出版物取扱額は概して漸減傾向にある。

↑ コンビニにおける出版物売上高(総売上高1000億円以上+α、2013年-2014年、億円)
↑ コンビニにおける出版物売上高(総売上高1000億円以上+α、2013年-2014年、億円)

この額と、コンビニ全体の売上そのものに対する比率の推移を、もう少しチェック範囲を広げて確認するのが今記事の主旨。とはいえ、値が記録されている『出版物販売額の実態』はまだ当方(不破)の手元に6冊(=6年分)しかないため、都合6年分、つまり2009年-2014年の推移となる。

まずは金額そのものの変化。上記グラフに過去のデータを足した形となる。スリーエフは、2012年以降は総売上高が1000億円を切ったため、従来ルールなら除外されるのだが、先行記事の通り特殊事情のため、今件では取り入れている。

↑ 主要コンビニの出版物取扱額(億円)
↑ 主要コンビニの出版物取扱額(億円)

額面の大小はあれど、多くのコンビニで継続的な減少を示している。一見すると特にローソンの減り方が顕著だったが、この減少ぶりで危機感を覚えたのか、直近の2014年では主要コンビニ中では数少ない前年比増加の動きに転じている。また絶対額こそ小さいものの、スリーエフも前年比では大幅な増加を見せているのが確認できる。

そこで2009年から2014年に至る減少率を計算し、その実情を確認したのが次のグラフ。

↑ 主要コンビニの出版物取扱額変移(2009年から2014年)
↑ 主要コンビニの出版物取扱額変移(2009年から2014年)

セブン-イレブン、ファミリーマート、ミニストップ、NEWDAYSがほぼ2割前後の下げ幅に留まっているのに対し、ローソンの3割、サークルKサンクスやセイコーマートの4割、スリーエフの5割が大きく目立つ形となっている。単なる偶然とは考えにくく、各コンビニにおける出版物に対する戦略の違いが値として出ているものと考えられる。2割台の減少で踏みとどまる各社とも「一番くじ」をはじめとしたくじ引き系のアイテムやタイアップ商品の展開など、エンタメ系素材との共同企画には積極的で、出版物をそこに絡めるか否かの姿勢が一因にあるようだ。

また、それのような状況の中、出版物に係わる売り上げが急減し(、さらにそれに伴うマイナス要素の影響が看過できぬ事態に陥っ)たからこそ、ローソンは【ローソンで「書籍」販売拡大へ…千店舗に専用商品棚を導入】にもあるような書籍の販売への本腰化をはじめたり、一時期積極的に撤去・面積の縮小を図っていた雑誌販売コーナーへの対応に変化を見せ始めたりなど、方策の転換と思える動きを示し、売上も前年比でプラスに転じたのかもしれない。スリーエフに関しては先行記事の通り、積極的な書籍・雑誌コーナーの導入による賜物(たまもの)に他ならない。

一方で各コンビニの売上高全体に占める出版物売上高比率を計算すると、違った側面が見えてくる。

↑ 主要コンビニの売上高全体に占める出版物取扱い額比率推移
↑ 主要コンビニの売上高全体に占める出版物取扱い額比率推移

どのコンビニでもおおよそ取扱額比率が減少している。元々低いセイコーマートはともかく、その他大手のコンビニでは、額面の減少ぶりと比較すると、コンビニ間の差異があまりないように見える。デイリーヤマザキは2013年に増加へと転じ、その後も横ばいにあるが、これは売上額全体こそ減少したものの、店舗数が大きく減ったのがその主要因で、店舗当たりの売上高は増加している実態を反映している。

またローソンの方針転換とも思える動き、スリーエフのダイナミックなかじ取りの転換も、他のコンビニと比べ、印象深いものがある(スリーエフの2013年における急減は各種資料をたどったものの、明確な理由は不明。ローソンの事例と同じく、一度出版物からの距離を置いた上で、その影響の足し引きを勘案し、再びかじ取りを出版物に向き合う形に変えたのだろう)。

そこで比率の減退状況を算出したのが次のグラフ。元の値が小数点1ケタまでしかなく、その値で計算しているため、多少のぶれが懸念されるが、概算的な動きは把握できる。

↑ 主要コンビニの売上高全体に占める出版物取扱い額比率変移(2009年から2014年)
↑ 主要コンビニの売上高全体に占める出版物取扱い額比率変移(2009年から2014年)

デイリーヤマザキの減退率の小ささの理由は上記の通りだが、それをのぞけば主要コンビニではいずれもこの6年間で、3割から5割の減退を計上している。売上額がそのまま専有面積と比例するわけではないが、少なくともコンビニの売上額における存在感では、この6年間で出版物の影響力は3割から5割も減ったことになる。

見方を変えれば「コンビニの出版物販売動向は、そのコンビニの売上高全体に占める比率の縮小率で見れば、どのコンビニも大きな違いは無く、一様に減りつつある」(一部例外あり)と判断して良い。コンビニにおける印刷物の額面上でのシェア縮小は、特定コンビニにおける現象では無く、コンビニ全体の流れな次第である。

なお【「セブン-イレブンは街の本屋」コンビニが本屋さんを名乗る時代】にもある通り、2014年からセブン-イレブンでは地域密着性のさらなる向上施策の一環として、出版物の取扱に注力をし始めているが、少なくとも今件データの限りでは2014年分では影響は見えてこない。他方上記の通り、(一部推測ではあるが)ローソン、そしてスリーエフでは積極的に出版物と向き合う姿勢を見せ、その成果を示している。個人事業などによる小規模書店の閉鎖が相次ぐ中、今後注目すべき動きには違いない。



コンビニから出版物が完全に無くなることは考えにくい。展示物として、そして立ち読み客の存在による外部からの見た目による集客効果は、出版物ならではのもの。一方でコンビニの立ち位置の変化(今まで以上の多様化、地域密着型店舗化、マルチメディア化)を見ると、今後さらに出版物の取扱額が減少する可能性は否定できない。長所の「集客効果」ですら、最近ではコンビニ内で販売されるスタンドコーヒーと、それをたしなむためのイートインコーナーに代替されるケースも増えている。

「時代の流れ、変化」という言葉で片付けるには少々もの悲しい部分もあるが、事実として受け止めねばなるまい。それだからこそ、スリーエフやローソンの動きには、これまで以上に注目したいところだ。


■関連記事:
【コンビニの商品種類別売上の変化をグラフ化してみる】
【コンビニコーヒーのリピート率8割超え】
【たばこ・雑誌からコーヒー・カードへ…今年の一年のコンビニ動向を振り返ってみる(2013年)】


※各グラフで最新年度以外の数字が表記されていませんが、これは資料提供側の指示によるものです。何卒ご理解ください
(C)日販 営業推進室 店舗サービスグループ「出版物販売額の実態2015」

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー