2016年8月の熱中症での病院搬送者は2万1383人、前年同月比では2542人少ない値に

2016/09/20 12:00

総務省消防庁は2016年9月13日付で、同年8月の熱中症を起因とした全国の救急搬送の状況(確定値)を発表した。それによれば同年8月における熱中症による救急搬送者は2万1383人となった。前年の同月の値である2万3925人と比較すると、2542人の減少となる。一方、搬送者の年齢階層別では同一条件下で比率算出が可能な2008年以降で比較すると、高齢者(65歳以上)の全体比は中期的に増加しており、公開値において最古の値となる2008年の同月比では11.1%ポイント増の50.6%を計上する形となった(【消防庁:発表リリース一覧ページ】)。

スポンサードリンク


今年の8月は太平洋高気圧に覆われてほぼ全国的に月間日照時間が多く、強い日射を受けて全国的に月平均気温は高かった。特に、黄海付近では高気圧の勢力が強く、上空も気圧の尾根となり背の高い高気圧に覆われたため、月平均気温は沖縄・奄美で相当高かった。西日本でも下旬の中頃までは背の高い高気圧に覆われやすく気温はかなり高く経過し、下旬の終わりは寒気が流れ込みかなりの低温となった日もあったものの月平均気温は高かった。また、北日本日本海側と西日本では、月間日照時間はかなり多く、西日本太平洋側と沖縄・奄美では月降水量が少なかった。地域別動向でも西日本、とりわけ九州地方で搬送者数が増加しており、中でも10万人当たりの搬送者数では「全国の比較で」熊本県がもっとも多く39.00人、鹿児島県が35.97人、長崎県が31.57人と九州の各県が上位を独占する形となっている。

今回の発表によれば、2016年8月の全国における熱中症による救急搬送人員は2万1383人。昨年2015年は2万3925人、よって約11%の減少となる。

↑ 熱中症搬送人員(2010-2016年、各8月、人)
↑ 熱中症搬送人員(2010-2016年、各8月、人)

↑ 熱中症搬送人員(2010-2016年、各8月、人数比)
↑ 熱中症搬送人員(2010-2016年、各8月、人数比)

気象状況に多分に影響を受けるため(特に2009年は冷夏的な状況となり、非常に少ない値を計上している)多少のぶれを見せながらも、新生児・乳幼児、少年、成人の搬入者数は全体としては減少傾向にある。高齢者も数は減っているものの、減少度合いは中堅層までと比べるとやや穏やかで、全体比率を算出すると逆に増えている結果となっている。これは高齢者の人数そのものが増加の一途をたどっており、気候状況などで熱中症リスクの軽減が生じても、母数が増えていることで人数の減少度合いがおとなしめになってしまった結果による。さらに高齢者区分に属する人において、一層歳を取っている人の数・割合が増加している(高齢化・高寿命化)のも要因と考えられる。

直近となる2016年では高齢者の全体比率は前年に続き5割を超えて50.6%。これは記録が確認できるもっとも古い2008年の値と比べると、11.1%ポイントの増加となる。

搬送時の初診傷病程度は次の通り。人数は毎年の搬送者数全体に寄るところが大きくまちまちだが、比率で見ると大よそ軽症が6割、中等症が1/3で推移している。

↑ 熱中症搬送人員初診時傷病程度(2010-2016年、各8月、人)
↑ 熱中症搬送人員初診時傷病程度(2010-2016年、各8月、人)

↑ 熱中症搬送人員初診時傷病程度(2010-2016年、各8月、人数比)
↑ 熱中症搬送人員初診時傷病程度(2010-2016年、各8月、人数比)

ちなみに各症状の具体的内容は次の通りとなる。

軽症:入院を必要としない程度

中等症:重症または軽症以外の病状

重症:3週間の入院加療を必要とするもの以上

死亡:医師の初診時に死亡が確認されたもの

「軽症」と「重症」の容体を比較した上で勘案すると、「中等症」とは「3週間未満の入院を必要とするもの」と判断できる。つまり「重症ほどではないが、搬送時には相当状態が悪化しており、入院措置が必要な状況」。本人の無理がたたった、または他に誰もいない環境下で気を失い、第三者による発見が遅れたことが想定できる。見方を変えると2016年8月の該当期日においては、ほぼ6割の熱中症による救急搬送者(緑色の領域)は入院をせずに済んだことになる。

自分自身への注意を怠りなくするのと共に、異常を覚えたらすぐに水分補給、涼しい場所への移動、楽になる姿勢を保つなど各種対応を行うのは常識論のレベル。それと同時に身の回りに体力の不安な人(療養中や病症で通院中の人)、身体の衰え(老化)などの理由から適切な反応が期待できない人が居る時には、積極的に声をかけるなどして、熱中症の発生を極力防ぐ姿勢を望みたい。

なお熱中症は短時間で具体的な発症が生じるケースが多々あるため、対応策では無く予防策、さらにはリスクそのものを避ける行動選択がベストとなる。具体的には日頃から十分な睡眠と栄養補充による体力の充足、適度な温度設定によるエアコンの稼働のある場での生活活動を心がける、日が差している時には極力外出を避けるなどである。特に子供やお年寄りは、自分の体力の上限を把握しきれず、気が付くとリミットを超えた行動をすることから、周囲による留意が欠かせない。

なお今回の確定報により今年分を反映することができた、各年6月分以降の累積搬送者数の動向は次の通り。2008年・2009年は7月からの計測となっているため、7月分以降の累計の動向も併記しておく。

↑ 夏期熱中症救急搬送人員(2010-2016年)(各年6月-8月までの累計)
↑ 夏期熱中症救急搬送人員(2010-2016年)(各年6月-8月までの累計)

↑ 夏期熱中症救急搬送人員(2008-2016年)(各年7月-8月までの累計)
↑ 夏期熱中症救急搬送人員(2008-2016年)(各年7月-8月までの累計)

報告書では注意事項として「熱中症を予防するには、こまめな水分補給、エアコン・扇風機を用いた室温調整及び適度な休憩をとること等が大切です。また、高齢者は暑さを自覚しにくいため、喉の渇きを感じにくく、小さな子供は汗腺が未熟なため、体温調整がしにくいという特徴があります。周囲の方の気遣いが熱中症発生の予防につながります」とし、熱中症発症への注意喚起を行っている。

熱中症への対策は、多分に身体の健康管理そのものにもつながる話。これまでの経験、情報を有効に活かし、体調全般を管理する視線で自分の、そして周囲の体を気遣い、その中で熱中症に対する注意と配慮をしてほしいものである。


■関連記事:
【熱中症についてまとめてみる】
【冷蔵庫の中には「もしも」の時の大切な情報…「緊急情報キット」とは】
【熱中症による死亡者の動向をグラフ化してみる(人口動態調査版)(2016年)(最新)】
【熱中症による死亡者の発生場所の動向をグラフ化してみる(人口動態調査版)(2016年)(最新)】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー