理想と予定、子供の数の推移をグラフ化してみる…(上)理想数と予定数推移(2010年分反映版)

2011/10/30 06:00

国立社会保障・人口問題研究所が同公式サイト上で2011年10月21日に発表した「第14回出生動向基本調査」のうち「夫婦票」は、以前の記事【日本の「恋愛結婚」「見合い結婚」の推移をグラフ化してみる】をはじめとした、夫婦・独身者の結婚、出産に関する記事で使った資料の最新版にあたる。そこで今回はその最新値を用いて、夫婦における子供数の「理想」と「予定」について考察した過去の記事の上編「理想数と予定数推移」について精査した記事の内容の更新を行うことにする(元資料:【第14回出生動向基本調査:結婚と出産に関する全国調査 夫婦調査の結果概要】)。

スポンサードリンク


今調査に関する調査対象母集団、集計様式は2011年10月24日付の記事【日本の「恋愛結婚」「見合い結婚」の推移をグラフ化してみる(2010年分反映版)】で確認のこと。

各年の調査において、結婚してから何年経過しているか(結婚持続期間)で区分した上で、各調査年毎の理想子供数(「最終的にはこれくらい子供が欲しいな」)と、予定子供数(「住宅事情や健康、お金周りなど色々考えると、実際にはこれくらいの子供数にしておかないと精いっぱいだろうな」)を集計したのが次のグラフ。

↑ 調査別・結婚持続期間別・平均「理想」子供数
↑ 調査別・結婚持続期間別・平均「理想」子供数

↑ 調査別・結婚持続期間別・平均「予定」子供数
↑ 調査別・結婚持続期間別・平均「予定」子供数

まず両グラフとも、各調査年毎において結婚持続期間が長い方が高めの値を示している(一部例外あり。連続性はないのでイレギュラーと推定)。これは「持続期間が長い」=「年配の夫婦」であり、それだけ生活力に余裕があること、社会生活習慣的に多子に慣れていること、すでに子供を持つ夫婦の場合は「子供を持つ」ことへの余裕が生じている(【理想の子供は「二人」が最多意見、でもよく見ると……】)ことなどが要因として考えられる。

もう一つ両グラフに共通しているのは、直近の調査結果に近づくに連れ、全体的に数字が落ち込みを見せていること。これは赤い折れ線グラフ(総計値)の動きを見れば明らか。理由としては下編で解説するが、子供の育成環境が厳しくなっていることや、【男性66%・女性74%が「個人の自由だから結婚なんてしてもしなくても良い」】などにもあるように、結婚や子供に対する価値観の変化が関係しているものと考えられる。

また、平均値としては当然ながら「理想」より「予定」数の方が少ない。「理想」以上の「予定」を持つことはあまり想定しにくいからだ(例えば三つ子などが生まれるような事例をのぞけば、ある程度調整は可能。ただし子だくさんとなってから「やはり少ない方が良かったかな?」とばかりに、「理想」<<「予定(+すでに生まれている子供)」となる場合もある)。そこで「理想数」から「予定数」を引いて、その変移をグラフ化してみる。

↑ 調査別・結婚持続期間別・平均「理想」子供数-平均「予定」子供数
↑ 調査別・結婚持続期間別・平均「理想」子供数-平均「予定」子供数

結婚後あまり期間が過ぎていない夫婦は、理想と予定が近い傾向にあり、結果として差異が小さくなる。全般的に差異がもっとも大きいのは結婚持続期間10-19年の層。直近2回分の調査では、結婚持続年齢が20年以上になると、理想と予定の差が再び縮まる動きを見せている。

ともあれ、「理想は2.4-2.6人、予定は2.0-2.2人というレンジで推移」「理想・予定共に漸減傾向」、さらに「理想と予定のギャップも縮まりつつある」というのが、具体的な理想の子供数と予定子供数に関する動向である。

(下編に続く)

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー